トップ > 数字経済 > 企業 > SKシルトロン、第1四半期に過去最高の出荷量を記録 世界3位

SKシルトロン、第1四半期に過去最高の出荷量を記録 世界3位


今年第1四半期のシリコンウエハーの出荷量が四半期基準で過去最高値を記録した。韓国唯一のシリコンウエハー生産企業であるSKシルトロンは300ミリメートル(12インチ)部門で市場占有率を増やし世界3位で善戦している。

3日、国際半導体装備材料協会(SEMI)によると第1四半期のシリコンウエハーの出荷面積は36億7900万平方インチで直前四半期より0.9%、前年同期比10.2%増加した。これまで過去最大値だった昨年第3四半期の出荷量36億4900万平方インチを超えた。SEMIは「記録的なシリコンウェハーの出荷量は半導体産業内のすべての領域が持続的に成長していることを示している」として「シリコンウェハーの供給がタイトに進行しており新しい半導体ファブ装置投資によってウェハーの供給に制約が生じる可能性もある」と伝えた。

半導体の需要が増加し生産性と効率性の高い300ミリメートルウェハーの出荷量も増えている。市場調査機関のオムディアは昨年、シリコンウエハーの市場規模が129億ドル(約15兆3000億ウォン)に達し、このうち300ミリメートル比重が71.7%を占めると明らかにした。300ミリメートルウェハーの割合は今年72.0%、2023年73.9%、2025年75.5%に拡大する見通しだ。

300ミリメートルウェハーは200ミリメートル(8インチ)製品より直径が大きく半導体を2.5倍さらに生産することができ市場を主導している。メモリー半導体のように規格が一定で少品種大量生産できる製品を作るのに有利だ。

SKシルトロンも300ミリメートルシリコンウエハーに生産力量を集中している。昨年、SKシルトロンの300ミリメートル製品の市場占有率は出荷量基準で18.1%で日本の信越、SUMCOに続き3位を占めた。SKシルトロンは2018年から300ミリメートルシリコンウェハー市場で占有率3位を維持している。

特にSKシルトロンは2018年14.7%、2019年17.0%、2020年18.6%で市場占有率を持続的に拡大してきた。全世界シリコンウエハー1・2位企業である日本の信越、SAMCOとの格差は2018年それぞれ17.8%、10.4%から昨年11.7%、6.7%に減少した。4・5位企業であるドイツのシルトロニック、台湾グローバルウェハーズとの格差も2018年それぞれ1.0%ポイント、1.3%ポイントから昨年4.0%ポイント、6.5%ポイントに広げた。
  • 毎日経済 | チョン・ユジョン記者
  • 入力 2022-05-03 17:35:23