トップ > 数字経済 > 経済 > 韓銀、基準金利を1.75%に 2カ月連続の引き上げ

韓銀、基準金利を1.75%に 2カ月連続の引き上げ


26日、韓国銀行の金融通貨委員会は通貨政策方向決定会議を開き金融通貨委員全員一致で基準金利を0.25%ポイント引き上げた。

今回の引き上げで基準金利は年1.50%から1.75%へと高まった。韓国銀行の金融通貨委員会が異例的に2か月連続で基準金利を引き上げたのは天井知らずに高騰している物価のためだ。韓国銀行は4月の消費者物価上昇率が4.8%に急騰したが、当分の間は物価がさらに大幅に上がり5%を越えると展望した。

韓国銀行のイ・チャンヨン総裁は会議直後の記者懇談会で「統計庁が今月の物価上昇率を発表するが、5%を超える数字が出てくる可能性が高い」と明らかにした。続けて「当初物価が上半期には高く下半期には低いと展望したが、今の傾向を見ると物価のピークが上半期よりは中盤期を越すだろう」と付け加えた。

韓国銀行は同日、修正経済展望を発表し今年の物価上昇率展望値を4.5%と、2月の展望値(3.1%)より1.4%ポイント上方修正した。2008年7月に展望した4.8%(2008年展望値)以後、物価展望値としては13年10か月ぶりの最高水準だ。来年の物価上昇率展望値は2.9%と予想したが、来年初めまでは4%台を続けると見通した。今年の経済成長率は3.0%から2.7%へと0.3%ポイント下げた。

イ・チャンヨン総裁は「今後、数か月間物価を中心に通貨政策を運用する」とし追加引き上げも示唆した。「年末基準金利を2.25~2.50%と見る市場の展望が合理的なのか?」という質問に「2月と比較して今はインフレ展望値が高くなったので当然市場の期待が上がったのは合理的期待だと考える」と答えた。26日、KB国民、新韓、ハナ、ウリィ、NH農協銀行の住宅担保融資の最高金利は年6.41%と、昨年12月末(4.98%)比1.43%上昇した。信用貸出金利もやはり急激な速度で上がっており「ヨンクル族(あらゆる手段で資金を集める人)」の苦痛はさらに大きくなっている。
  • 毎日経済 | アン・ビョンジュン記者/ムン・イルホ記者
  • 入力 2022-05-26 18:02:43