トップ > 数字経済 > 企業 > LG化学、中国B&Mとカソード材料確保のため合弁法人設立

LG化学、中国B&Mとカソード材料確保のため合弁法人設立


LG化学がニッケル・コバルトなど二次電池のカソード材料を安定的に確保するために中国ファユコバルトの子会社であるB&Mと手を組んだ。カソード材料は二次電池原価の40%を占める素材だ。

LG化学は31日、ソウル汝矣島(ヨイド)のLGツインタワーでB&Mと合弁法人設立契約を締結したと発表した。

合弁法人は昨年末、LG化学が子会社として設立した亀尾(クミ)カソード材料法人にB&Mが持分を投資する方式で設立される。

LG化学の持分率は51%、B&Mは49%で両社は2025年までに約5000億ウォンを投資する。合弁法人の最高経営者(CEO)は、亀尾カソード材料法人のキム・ウソン代表が引き受ける。

合弁法人の工場は次世代電気自動車バッテリー用のNCMA(ニッケル・コバルト・マンガン・アルミニウム)カソード材料専用ラインとして建設される。年間生産能力は6万トン以上で2024年下半期から量産を開始する。これは1回の充電で500キロメートルを走行する純電気自動車約50万台分のバッテリーを作ることができる水準だ。

LG化学は今回の合弁法人設立で値上げ幅が大きいニッケル、コバルトなどカソード材料を中国で安定的に確保することになる見通しだ。また、B&Mの親会社であるファユコバルトは、LG化学と合弁した中国の衢州法人を通じて亀尾合弁法人の運営に必要な素材である前駆体を供給する。

LG化学のシン・ハクチョル副会長は「今回の合弁法人設立で核心原材料からカソード材料まで続く強力な垂直系列体系をより一層強固にすることになった」と伝えた。
  • 毎日経済 | イ・ジュクボク記者
  • 入力 2022-05-31 17:18:13