トップ > 数字経済 > 企業 > ネイバー「ビッグテックの展望は明るくないが我々は状況が違う」

ネイバー「ビッグテックの展望は明るくないが我々は状況が違う」


  • ネイバー「ビッグテックの展望は明るくないが我々は状況が違う」
  • キム・ナムソン最高財務責任者

「マクロ的展望は明らかに肯定的ではない」 ネイバーのキム・ナムソン最高財務責任者(CFO・写真)が今後の事業環境に対して保守的展望を見据えた。

最近、ゴールドマン・サックスが機関投資家を対象に開催した「テックネット(TechNet)カンファレンス」で発表者として登場したキムCFOは「グーグルの最近の実績も18か月対比不振で韓国も同じだろう」とし「ネイバーは核心である検索部門で二桁成長を達成するために新しい広告ソリューション、広告商品を継続する計画」と明らかにした。

先立って米国のソーシャルメディアであるスナップが今後、デジタル広告市場が萎縮すると警告しMeta、Twitterのようにデジタルを土台にした企業の実績が悪化するという憂慮が出てきた状況だ。いわゆる「スナップショック」だ。国内IT業界ではネイバーをはじめデジタル広告比重が高い国内のビッグテック企業にも波紋が及ぶという予想が出ている。

これに対してキムCFOは他のグローバルビッグテックとは「状況が違う」と線を引いた。彼は「この2年間、コロナ19がネイバーだけでなく全般的なコマース事業成長を牽引したのは事実だが、ネイバーの検索広告事業とコロナ19は大きく関連性がないことが確認された」とし「ネイバーがディスプレイ領域にパフォーマンス広告を導入したのが2021年売上成長を牽引し、これは市場変化にともなうものではなくネイバーが広告ソリューションを改善し最適化することに成功したため」と強調した。

しかし、成長街道を走っていたネイバーのプラットフォーム部門の売上成長は急ブレーキがかかり突破口が必要な状況だ。ネイバーの第1四半期の売上でプラットフォーム部門が88.2%を占めるが、この中でサーチプラットフォーム(検索とディスプレイ)の比重が最も高い。証券業界では第1四半期のネイバー売上が不振だった原因として広告とコマース市場の鈍化を挙げている。

彼は「検索とコマース共に競争が激しいが、フォーマットを多様化することが競争の核心」とし「ネイバーは検索広告とディスプレイ広告で優勢なプレーヤーだが、引き続き新しいフォーマットが出てきており、私たちはその新しいフォーマットに合わせて新しい広告商品とソリューションを作らなければならない」と話した。




  • 毎日経済 | ファン・スンミン記者
  • 入力 2022-05-31 17:32:00