トップ > 数字経済 > 企業 > 「農業界のテスラ」ジョンディア、韓国電気自動車充電市場に進出

「農業界のテスラ」ジョンディア、韓国電気自動車充電市場に進出


「農業界のテスラ」と呼ばれる世界1位の農業機械企業「ジョンディア(John Deere)」が電気自動車の超急速充電器事業で韓国に進出する。トラクター、コンバインなど農機メーカーとして有名なジョンディアが最先端モビリティ企業へと革新を図る中で、アジアの「テストベッド」と呼ばれる韓国市場に挑戦状を差し出したのだ。ジョンディアの韓国進出は国内電気自動車充電器市場にグローバル企業が参入する初めての事例であり韓国がアジア市場の関門だという判断によるものと分析される。

22日、産業界によるとジョンディアが今年下半期の韓国進出に向けた準備を終えた。ジョンディアが今年買収・合併(M&A)を完了したオーストリアのエネルギー企業クライゼル・エレクトリック(Kreisel Electric)を通じた進出で、韓国の電気自動車充電器の主要企業であるエバーオン(everon)と手を組む。エバーオンの関係者は「最近、オーストリアのマインバッハにあるクライゼル本社で韓国事業共同推進に対する戦略的パートナーシップ締結を終えた」として「両社の技術力・サービスを結合しアジア市場への共同進出を目標にしている」と明らかにした。

クライゼルは2014年に設立されたスタートアップで、バッテリーパック製造(パッカー)から電気自動車充電器・エネルギー貯蔵装置(ESS)などへと事業を広げている。製品に搭載されるバッテリーはLGエネルギーソリューションから供給されるという。ジョンディアは自社の電動化競争力を引き上げるためクライゼルを買収した。

エバーオンは、国内2位の充電器メーカー(昨年の緩速充電器設置台数基準)で、今年初めにSKネットワークスから100億ウォンの投資を誘致し注目を集めた。2012年LG CNSの子会社として発足したエバーオンは、国内初の電気自動車共有サービス(2013年)、環境部の電気自動車充電インフラ普及事業者選定(2017年)、カカオモビリティ・Tマップモビリティと電気自動車充電サービス提携(2021年)、ソウル市電気タクシー用急速充電器設置事業者選定(2022)などの業歴を積んだ。昨年は初めて売り上げ100億ウォンを突破した。

最近、国内大手企業は電気自動車充電器事業を「新成長動力」と決め一斉に市場の先取りに動いている。

SKグループの持株会社であるSK(株)は昨年4月、電気自動車の超高速充電器メーカーであるシグネットEV(現SKシグナル)を2900億ウォンで買収(持ち株比率55.5%)し市場攻略に乗り出した。同年7月、GSグループのエネルギー系列会社であるGSエネルギーは、国内充電会社であるジエンテル(GNTEL)と合弁法人「ジコネクト(G-CONNECT)」を設立した。電気自動車の超高速充電ブランド「E-pit」を発足させた現代自動車グループは昨年10月、韓国電気自動車充電サービスの経営権を確保した。今年はLSグループがLS E-Linkを、ハンファソリューションがHanwhaMotievを設立し市場を拡大している。市場調査機関のプリシデンスリサーチによると、世界の電気自動車充電インフラストラクチャー市場規模は2020年の149億ドル(約18兆ウォン)から2027年には1154億ドル(約142兆ウォン)になる見通しだ。

業界関係者は「グローバル企業の韓国進出を契機に今後の電気自動車充電器市場でもう一つの合従連衡と合弁会社設立の可能性が高いと見られる」と伝えた。

現在、韓国は電気自動車市場が急速に成長しているが、充電インフラは緩速充電器が中心だ。昨年末基準の国内充電器数は、緩速が9万台(86%)、高速が1万5000台(14%)だ。業界ではエバーオンが緩速中心のインフラを構築した状況で、クライゼルの超急速充電器が導入されれば消費者選択の幅はもちろん、事業シナジーも拡大するものと見ている。クライゼルの電気自動車充電器「チメロ」はESS内蔵型超急速充電器で火災防止と電力網負担を下げた技術が適用された。内部に設置されたバッテリーパックはロイヤル・ダッチ・シェルが生産した特殊液体を利用して火災の危険を顕著に下げたという。
  • 毎日経済 | イ・ユンジェ記者
  • 入力 2022-06-22 17:19:14