トップ > 数字経済 > 企業 > 現代自動車、米国にロボット投資会社を設立 第2のボストン・ダイナミクス発掘

現代自動車、米国にロボット投資会社を設立 第2のボストン・ダイナミクス発掘


  • 現代自動車、米国にロボット投資会社を設立 第2のボストン・ダイナミクス発掘
  • ボストン・ダイナミクス

米ロボット学界と情報技術(IT)業界などが18日に明らかにしたところによると、現代自動車とボストン・ダイナミクスは今月初め、米ボストンに「ボストン・ダイナミクスAI研究所(BDAII)」を設立し本格的なR&Dプロジェクトを準備している。BDAIIはマサチューセッツ工科大学(MIT)をはじめとする現地大学と協業しロボット関連の源泉技術を蓄積する役割を担う。

現代自動車とボストン・ダイナミクスはBDAII傘下にロボット専門投資子会社の設立を推進している。この組織は株式投資、経営権買収など「第2のボストン・ダイナミクス」発掘のためのポートフォリオを体系的に管理する投資コントロールタワーの役割を担う見通しだ。VC初期のファンド規模は、少なくとも4億ドル(約5264億ウォン)水準で検討している。ただ投資の状況によってファンド規模はさらに大きくなる可能性が高い。BDAIIが独自の研究と大学実験室の技術実証などに集中し投資会社が事業モデルを発掘する構造で、現代自動車グループはR&Dと事業化を合わせた独自のロボティクス・エコシステムを構築するものと期待される。

このような作業は、BDAIIの最高経営者兼研究所長に選任されたボストン・ダイナミクスのマーク・レイバート創業者(会長)が陣頭指揮するという。ロボット分野で世界最高の人材を集める作業も進められている。ロボットの大家として知られているアイロボットのロドニー・ブルックス創業者とロボット・AI分野の世界最高碩学と評価されるMITコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)のダニエラ・ラス所長などが理事会合流を最終調整している。
  • 毎日経済 | ボストン=ファン・スンミン記者/ソウル=ウォン・ホソプ記者
  • 入力 2022-08-18 17:59:23