トップ > 数字経済 > 企業 > 韓国コスメ「ミーシャ(MISSHA)」が売りに 筆頭株主が売却推進

韓国コスメ「ミーシャ(MISSHA)」が売りに 筆頭株主が売却推進


  • 韓国コスメ「ミーシャ(MISSHA)」が売りに 筆頭株主が売却推進
  • イラク・バグダッドのMISSHA1号店 │ 写真 ABLE C&C

ABLE C&Cの筆頭株主であるIMMプライベート・エクイティ(PE)は、クレディ・スイス(CS)を主管社に選定し、ABLE C&Cの売却手続きを進めている。売却対象はIMM PEが保有しているABLE C&Cの株式59.2%だ。ABLE C&Cの時価総額はこの日の終値基準で1765億ウォンだ。

これに先立ちIMM PEは2017年、ABLE C&Cのソ・ヨンピル前会長の保有株式25.5%を1882億ウォンで買収した。その後、公開買収と有償増資を通じて3900億ウォンを投入し今の持ち株比率を確保した。

ABLE C&CはMISSHAとA'pieuなどを前面に出して認知度を高めた。中低価格の製品を中心に国内化粧品市場の攻略に成功したが、買収直後、中国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)報復の影響と新型コロナウイルス感染症事態を受けて実績が悪化した。

ABLE C&Cは買収翌年の2018年から190億ウォンに達する営業損失を出した。2019年の営業利益は18億ウォンで、2020年に赤字に転じた後、最近2年間営業損失が続いた。昨年、ABLE C&Cの売上高は2629億ウォン、営業損失は224億ウォンを記録した。

さらにオフライン売り場の効率化を通じて固定費を節減し、デジタル転換と海外売上拡大などに力を注いだ。

その結果、ABLE C&Cは今年第1四半期には黒字転換に成功したのに続き第2四半期にも黒字を続けた。その背景としては海外市場での成長を挙げた。営業利益24億ウォンを記録した。ABLE C&Cの上半期累計売上は1216億ウォンで前年同期対比15%減少し営業利益は30億ウォンで黒字転換した。
  • 毎日経済 | チェ・アヨン 毎経ドットコム記者
  • 入力 2022-09-20 17:15:44