トップ > 数字経済 > 企業 > 現代自動車グループ、中国攻略車種は電気SUV 価格に競争力

現代自動車グループ、中国攻略車種は電気SUV 価格に競争力


21日、自動車業界によると現代自動車とキア(起亜)自動車は来年、中国現地でプロジェクト名OE、OVと知られている電気SUVを発売する。OEは現代自動車、OVはキア自動車の車種だ。業界関係者は「最近、一部の従業員を対象に国内でもデザインが公開されたが、かなり良い反応を得た」とし「現代自動車グループが中国市場への攻略を急いでいる」と明らかにした。

OEとOVは、いずれも中国でのみ発売される電気自動車で現地工場で生産する。中国の電気自動車と競争するため価格は3000万ウォン台半ばに策定した。リチウムイオンバッテリーより価格が安いリン酸鉄リチウム(LFP)を搭載することが分かった。バッテリー供給業者は公開されなかったが業界は中国CATLが有力だと見ている。

現代自動車とキア自動車は2016年、中国で178万台を販売し市場占有率を引き上げたが、2017年のいわゆる「THAAD(終末高高度防衛ミサイル)事態」以降、販売台数が急減した。現代自動車は昨年35万3000台、キア自動車は15万8600台を販売し2016年と比べると中国での販売台数が71%も減少した。現代自動車グループはジェネシスを前面に出してプレミアム市場攻略に乗り出す一方、中国政府が水素自動車への投資に乗り出すと、ネッソ(NEXO)を投入して今年末から現地で生産する。これと共に、世界最大の電気自動車市場である中国を攻略するため戦略車種を急いで発売する計画だ。業界によると、現代自動車グループは内部的に来年末、中国で損益分岐点に到達するという目標を立てたという。
  • 毎日経済 | ウォン・ホソプ記者/イ・セハ記者
  • 入力 2022-09-21 17:30:16