SKケミカル、血液剤事業に1000億ウォン投資


SKケミカルが血液剤事業に約3年間で1000億ウォンを投資して設備を増設すると7日、公示した。

SKケミカルは、現在1年の売り上げが約600億ウォン規模の血液剤事業を営んでいるが、全世界の血液剤市場が約20兆ウォン規模に毎年10%以上成長しており、このように決定したと明らかにした。

投資金は全て血漿分画設備増設に投入され、約3年が所要される予定だ。設備増設後、血液剤市場の売り上げは、2020年基準で約2000億ウォンになる展望だ。SKケミカル側は、「投資金は財務的投資家(FI)を誘致して調達する計画」とし、「来年上半期中に増設開始を目標に、投資実行の可能性を検討中」と伝えた。
  • 毎経ドットコム_キム・ヨンヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-11-07 14:46:29