パラダイスシティ、キム・スヒョンを新たな顔に


俳優キム・スヒョンがパラダイスシティの顔になる。

パラダイスグループは外国人専用カジノのパラダイスカジノおよび来年上半期のオープンを控える複合リゾート「パラダイスシティ(Paradise City)」ブランドの広報大使として俳優キム・スヒョンを選定したと18日明らかにした。

グループは中国と日本などアジア全域で最高の人気を誇っているキム・スヒョンをモデルに起用することで、パラダイスシティが持つ観光コンテンツの魅力を一層高め、グローバル複合リゾート企業としてのイメージ強化を行う計画だ。

キム・スヒョンは今年、国内5つのパラダイスカジノと仁川永宗(ヨンジョン)島に建設中の国内初の複合リゾート「パラダイスシティ」広報大使として活動することとなる。続けて来年上半期からはパラダイスシティオープンを起点にグローバルマーケティングのための広告活動舞台を広げる予定だ。

広告は18日から国内外の空港、ビルボードなど外国人観光客が移動する主要動線をはじめとして航空会社の機内誌、ブランドマガジンなどの媒体を通じて披露される。

これとともにパラダイスシティはキム・スヒョンが主演する映画『リアル』の背景場所として撮影され、今後映画公開にあわせて広報効果のシナジーを期待している。

パラダイスグループは昨年、この映画に対して80億ウォン規模の投資と後援を決定させ、撮影セット現場をはじめとした投資支援を進行中だ。映画公開後にはセット現場と関連コンテンツを活用して多用な見所、体験空間を作り出す計画だ。

パラダイスグループ関係者は「パラダイスシティの成功的なランチングのために、グローバルモデルパワーを誇るキム・スヒョンを後方大使として選定することとなった。韓流を代表するキム・スヒョンシンドロームが、カジノをはじめとしてKカルチャーを基盤にしたパラダイスシティの多様な魅力を知らせることに大きな役割を担ってくれる」と期待感を伝えた。

一方、キム・スヒョン主演映画『リアル』は華やかな都市の中で黒い世界の義理を常にクールに処理する解決師チャン・テヨン(キム・スヒョン扮)に一人のルポライターが訪ねて来て巻き起こる出来事を描いた作品で、来る6月に撮影を終え、後半作業に突入する予定だ。
  • MBNスター キム・ユナ記者 / 写真提供=キーイースト | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-04-18 18:01:38