トップ > 数字経済 > 企業 > ジェイエスティナ、G-DRAGONを看板にして中国進出

ジェイエスティナ、G-DRAGONを看板にして中国進出

ソン・ヘギョ、G-DRAGONを押し出して、オンラインショッピングモール入店 

  • ジェイエスティナ、G-DRAGONを看板にして中国進出
ロマンソンのキム・ギソク社長(写真)が中国に向けて足早の動きに乗り出している。フィギュアの女王キム・ヨナ選手が着用した王冠の形のジュエリーから始め、いまやハンドバッグや香水・化粧品まで社勢を拡大している「ジェイエスティナ」を中国市場に定着させるためだ。

「ジェイエスティナ」は、2011年アメリカ・ニューヨークプラザホテルに海外初の店舗をオープンしたのを筆頭に、昨年はシンガポールのチャンギ空港とインドネシアのジャカルタ、そして中国の三亜など、3ヶ所の免税店、ロサンゼルスはビバリーヒルズの編集売場に入店し、グローバル化を推進してきた。

来月には中国の北京と上海の国際空港内に、それぞれ免税店のオープンを控えている。

キム社長は、「他の企業とは異なり、ジェイエスティナはまず米国の先進ファッション市場に進出した次に、中国に進入する戦略を推進してきた」とし、「このような判断が的中し、中国でジェイエスティナが好まれる海外ブランドとして認識されている」と語った。

中国では「ジェイエスティナ」人気はすごい。昨年の人気TVドラマ「主君の太陽」を通じて広まったネックレスを、中国人旅行客が1人につき最大400個ずつ購入していくシンドロームが生まれるほどだ。消費者価格8万円のネックレスが、3ヶ月のあいだに30億ウォンぶんも売れた。

中国で韓流熱風を継続するために、ジュエリーモデルではトップタレントのソン・ヘギョさんを、ハンドバッグ・香水はトップ歌手G-DRAGONをそれぞれ選定した。

来月初めには中国最大のオンラインショッピングモール「タオバオモール」にも入店が予定されている。
  • 毎日経済_キム・チミ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-20 17:35:09