トップ > 数字経済 > 企業 > サムスン50兆+アルファ・現代自動車15兆...難しいが投資増やす

サムスン50兆+アルファ・現代自動車15兆...難しいが投資増やす

新事業にLG16兆、SK15兆計画...財界、政府に企業規制撤廃建議 

10大グループの今年の投資計画をみると、全般的に昨年の実際投資金額より少しずつ増やす雰囲気だ。10大グループのうち、今年の投資計画の輪郭がはっきりしたのはサムスン、現代自動車、SK、LG、ロッテ、ポスコ、現代重工業など7カ所だ。これらの7つの企業の今年の投資目標は、最大112兆ウォンと集計される。昨年、実質投資額109兆6000億ウォンより2兆4000億ウォンほど増えた。5つの企業が昨年より投資額を増やしており、ロッテは昨年より小幅増しのレベルで、ポスコは1兆5000億ウォンほど減らした。ポスコの国内投資額は昨年と同じ5兆4000億ウォンだ。

一見すると投資が増えるようだが、落とし穴がある。年初計画と実質投資額の間の乖離がそれだ。毎年、実際の投資額は年初の投資計画に満たないのが一般的なパターンだ。昨年の7つの企業の年初の投資計画の合計は116兆1000億ウォンだった。今年の投資計画がこれより4兆ウォンほど少ないという点を勘案すれば、今年の実際の投資額は昨年の水準か、やや満たない可能性が高い。

サムスングループは今年、「50兆ウォン、プラスアルファ」に相当する規模を投資する予定だ。サムスン電子のイ・サンフン(李相勳)経営支援室社長は30代のグループ企画総括社長団懇談会を終えた後、「昨年と同じような水準で投資を計画している」と明らかにした。サムスン電子は昨年、49兆ウォンの投資計画を政府に提出した。実際の投資額は50兆ウォンに迫ったと伝えられた。雇用規模は昨年水準で行われる見通しだ。サムスングループは昨年、新入社員と経歴職を含めて2万6000人の雇用計画を発表し、これを達成したと伝えられた。時間制雇用も含めると、3万2000人の雇用を作った。

現代自動車グループの関係者は「昨年14兆ウォンほどを投資したのに続き、今年はこれより投資規模が1兆ウォンほど増えるだろう」と明らかにした。2014年の施設投資額は小幅減少する一方で、新成長動力拡充に不可欠なR&D投資は大幅に増えるものと予想される。特に新車の開発をはじめ、将来の環境対応車の開発に大規模な投資を行う計画であり、素材開発などの基礎技術の研究に力を集中することになる。

SKは昨年16兆6000億ウォンを投資する計画だったが、実投資は13兆ウォンにとどまった。外国人投資促進法の国会通過の遅れによって日本との合弁工場建設に支障が出たし、地域の苦情のために、河南(ハナム)などで推進中の発電所の建設も進歩が無かった。今年はこのような問題が相当部分解決され、投資が息を吹き返した。

LGグループは16兆5000億ウォンの投資と1万2000人の採用を予定している。昨年より5000億~6000億ウォンほど増えた規模だ。LGは昨年19兆6000億ウォンの投資を計画したが、LCDの需要が減ったせいで実投資規模は16兆ウォンにとどまった。

この日の懇談会でイ・スンチョル(李承哲)全国経済人連合会副会長は「現在、企業関連の規制が1万5000件だが、ここ何年間で最低水準だった1万1000件の線に減らす必要がある」とし、「特にサービス分野の規制改革がたくさん必要だ」と指摘した。

イ・ドングン大韓商工会議所常勤副会長は「通常賃金の算定範囲の拡大判決、労働時間の短縮、定年延長などの労働懸案、化評法(化学物質の登録および評価に関する法律)と化管法(化学物質管理法)、資源循環促進法、環境汚染被害救済法などの環境関連法が企業に負担をかけている」とし、「特に資源循環促進法と環境汚染被害救済法は、産業界の意見を反映し、立法自体をしないようにして欲しい」と提案した。

韓進の関係者は、「航空業界は雇用創出効果が大きいが、航空運輸業種が雇用創出投資税額控除の対象から除外されているので、含めるようにして欲しい」と建議した。機械関連企業の関係者も、「エネルギー施設税額控除を現行のままで維持したり、拡大してほしい」と要請した。

サムスングループ関係者は「メキシコにある中・小協力会社の従業員のほとんどが米国から通勤しているが、米国移民法の強化方針で人材運用に困難をきたしている」とし、「政府がアメリカとの外交交渉を通じて問題を解決してほしい」と要請した。
  • 毎日経済_チェ・スファン記者/ノ・ウォンミョン記者/イ・ヂニョン記者/イ・ホスン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-01-14 17:31:39