トップ > 数字経済 > マーケット > 最も長く働く韓国人の引退年齢71才、OECD平均は64.2才

最も長く働く韓国人の引退年齢71才、OECD平均は64.2才

老後準備不足で実質引退遅れ...チリ69.4才、日本人69.1才 

  • 最も長く働く韓国人の引退年齢71才、OECD平均は64.2才
韓国が経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち、定年退職後も最も長く働いていることが分かった。それだけ韓国が老後の生活のための経済的備えが不足しているという話だ。これは、定年退職以前に早期引退する人が多いヨーロッパ先進国とは対照的だった。

2日、OECDによると、2012年基準で韓国男性の有効引退年齢は平均71.1才でメキシコ(72.3才)に続き会員国のうち2位であった。 女性は平均69.8才でチリ(70.4才)に続きやはり2位だ。有効引退年齢は労働市場を離れて、これ以上経済活動をしない年齢で、実質的な引退時期を意味する。

男性はメキシコと韓国だけが70才を超え、チリ69.4才、日本69.1才、ポルトガル68.4才、アイスランド68.2才の順だった。ルクセンブルクは57.6才で最も低く、ベルギー59.6才、フランス59.7才で3ヶ国が60才に至らなかった。OECD平均は64.2才だった。女性はチリと韓国に続きメキシコ(68.7才)アイスランド(67.2才)日本(66.7才)ポルトガル(66.4才)の順だった。ベルギーとスロバキアは58.7才で最も低かった。OECD平均は63.1才だ。

韓国の男性は、有効引退退職などで年金を受け始める公式引退年齢(60才)とは11.1才の差を示してOECD会員国のうち格差が最も大きかった。定年退職後も最も長く働かなければならないという意味だ。

メキシコは有効引退年齢が72.3才で最高だが、公式引退年齢が65才で7.3才の格差が出た。 続いてチリ4.4才、日本4.1才、ポルトガル3.4才、トルコ2.8才の順だった。 一方、ルクセンブルクは有効引退年齢(57.6才)が公式引退年齢(65才)より7.4才低かった。 年金を受ける時期より7.4年早く引退しているという話だ。
  • 毎日経済_パク・ユンス記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-06-02 23:42:35