6月の出生児は2万8900人で、1年前よりも4000人減少


去る6月の出生児数が半年ぶりに2万人台に落ち込み、上半期に生まれた赤ちゃんは18万8000人にとどまった。

統計庁によると6月の出生児は2万8900人で、1年前よりも4000人(12.2%)減少した。

これは6月基準で見ると、関連統計が集計され始めた2000年以降で最も少ないものだ。

月出生児が2万人台に落ちたのは、昨年12月の2万7200人以降6か月ぶりだ。

第2四半期の合計出生率は0.26人で、1年前よりも0.04人減少した。

合計出生率とは女性1人が一生のうちに産む平均子供数を意味する。

第2四半期基準で年間合計出生率を単純に換算すると1.04人だ。

合計出生率が最も低かった年は2005年で、1.08人だった。
  • 毎日経済 ホ・ソヨン編集部 記者 / 写真=photopark.com | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-25 09:00:00