トップ > 数字経済 > 企業 > アメリカのGM本社 生産物量調整を検討、グローバル構造調整を示唆

アメリカのGM本社 生産物量調整を検討、グローバル構造調整を示唆

「通常賃金拡大にも拘わらず労組のストライキ強行時は強力対応」/世界的構造調整の示唆...23日、中労委の決定が峠 

  • アメリカのGM本社 生産物量調整を検討、グローバル構造調整を示唆
韓国GM労組のストライキが、ややもすると韓国工場の生産量減少につながる可能性を排除できなくなった。

自動車業界によると22日、米GM本社(最高経営責任者メアリー・バーラ)は韓国支部のストライキを注視しており、通常賃金の拡大措置にもかかわらず、ストライキが強行されると生産量調整など、後続措置を検討するという意思を韓国GMに通報したことが確認された。これにより、韓国GM労組がストライキを強行すれば富平・群山・昌原など、韓国GM傘下の3つの工場の生産量がアジアの他地域に、段階的に移転される可能性が高まっている。GMは現在、中国・タイ・インドなどのアジア地域で生産工場を運営しており、特に中国では増え続ける現地の需要に合わせて大規模な増設を試みている。

アメリカGM本社の生産量調整の検討は、韓国支部に対する事実上の「最後通牒」と同じだ。

GMは世界市場28カ国に進出し、160カ所あまりに達する生産工場や販売法人を運営中だが、労組のストライキで生産に支障憂慮が提起された支社は、現在韓国が唯一だ。これに先立ち、GM本社は今年上半期にも豪州法人(現地名ホールデン)の生産性が低いという理由で、現地法人と工場を2016年に閉鎖するという内容の、グローバル生産拠点のリストラ計画を発表したことがある。米国GM本社は昨年5月、朴槿恵大統領が米国を訪問した当時も、韓国で投資と生産を継続する条件として、通常賃金の問題を解決してもらいたいと要求したほど、韓国支社の労使協力の問題について大きな関心を払ってきた。このような状況で、自動車業界の中で初めて通常賃金の範囲を拡大した韓国GMのストライキの実施如何が23日、分水嶺を迎える。

中央労働委員会(以下、中労委)はGM労組が申請した争議調整申請と関連して、23日に最終決定を下す予定だ。

中労委議論の結果「行政指導」判定が出れば、今後韓国GM労組のストは違法ストとして規定される。

韓国GMの関係者は、「米国本社が注視している嵐の前夜のような状況で、争議仲裁の趣旨と目的に合致する調整結果が出るのを期待するだけだ」と雰囲気を伝えた。

ただし、中労委が先にGM労組の1次争議申請を保留したため、今回も同じ決定が出るかは不透明だという展望が優勢だ。中労委の調整会議の結果、2回連続で行政指導の決定が出た事例は稀だからだ。中労委が「調整停止」決定を下せば、労組側のストライキを事実上黙認することと同じ結果になる。

韓国GM労組は、会社側の通常賃金拡大決定にもかかわらず、適用時期を今年1月から遡及するように要請しており、このような要求が受け入れられなければ、生産現場でストライキに乗り出すという立場を曲げていない。

これに対して韓国GM側は、「通常賃金の拡大適用はストライキという最悪の局面を避けるための試み」とし、「遡及適用は難しく、来る8月1日から適用する原案を中心に労組と最後まで協議を進めたい」と語った。

通常賃金の拡大決定にもかかわらず、韓国GM労組がストライキに突入すると、同様の要求条件を掲げた自動車業界はもちろんのこと、産業界全般に少なからぬ波紋を投げかけるものと思われる。
  • 毎日経済_チェ・スファン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-22 17:26:26