韓国流通の新市場、消費者保護方案議論

韓国消費者院 

ここ数年、海外直購(個人輸入)が流通の新市場として注目されはじめ、個人情報流出、製品紛失時に業者と宅配会社間の被害転嫁など、新しい形態の消費被害が水面上に浮かび上がっている。

よって、韓国消費者院は海外直購の消費者保護案を議論するために、来る21日、庁舎7階の国際会議室で「海外事業者から直接購入と消費者保護」というテーマで共同学術大会を開催する。

学術大会は大きく2つのパートに分かれて海外直購の現況、海外直購関連の消費者紛争解決案に関して議論される。韓国消費者院は2011年から国連国際商取引法委員会(United Nations Commission on International Trade law: UNCITRAL)ODR 手続き規則作業班に参加し、消費者取引国際紛争解決のための国際規範形成に注目している。

また、今年5月には海外直購の消費者被害現況調査を通じて利用ガイドラインを設けるなど、消費者保護案を持続的に模索している姿だ。

今回のセミナーで議論されている内容はやはり、検討を経て国内消費者政策の樹立に反映される予定だ。
  • シークニュース_イム・ソヨン記者 /写真_photopark.com
  • 入力 2014-08-19 07:42:19