現代重、次世代艦艇用電気推進システムを開発


  • 20日、昌原の韓国電気研究院本院で開かれた次世代の艦艇電気推進システムの共同研究業務協約(MOU)の締結式。左からハ・テボム韓国船級研究本部長、チェ・ギュハ韓国電気研究院院長、ナム・サンフン現代重工業副社長、クォン・ビョンフン韓国造船海洋デジタル技術研究所長。 写真提供=現代重工業グループ



現代重工業グループは次世代艦艇の電気推進システムの技術開発に乗り出す。

21日、韓国造船海洋と現代重工業は慶尚南道昌原の韓国電気研究院本院で、韓国電気研究院、韓国船級と手を組んで次世代尖端艦艇用の「電気推進システム技術の共同研究」のための業務協約(MOU)を締結したと発表した。この日の署名式にはナム・サンフン現代重工業特殊船事業本部長(副社長)、クォン・ビョンフン韓国造船海洋デジタル技術研究所長、チェ・ギュハ韓国電気研究院院長、ハ・テボム韓国船級研究本部長などの主要な関係者らが出席した。

今回の協約にしたがってこれらは、△次世代艦艇用電気推進システムの適用研究、△水上艦艇の陸上基盤試験設備(LBTS)の構築、△艦艇電気推進システムの国内研究会新規発足のための協力などを進めることにした。

電気推進システムは、発電機から供給された電力を利用して推進モーターを駆動することをいう。機関構成が単純で整備性に優れ、統合された電力の使用で尖端兵器とシステムの適用に有利であり、未来の尖端艦艇用推進システムとして脚光を浴びている。また、既存の機械式推進システムやハイブリッド推進システムよりも二酸化炭素の排出量と燃料コストを削減することができ、騒音や振動を最小限に抑えることができるという点が長所としてあげられる。
  • 毎日経済_ソン・グァンソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-02-21 19:41:11