韓「バッテリー三銃士」…3社で世界シェア30%突破

LG化学、サムスンSDI、SKイノベーション 


LG化学とサムスンSDIそしてSKイノベーションなど、国内の電池企業3社の電気自動車用バッテリーの世界市場シェアは、今年1月に初めて30%を超えたことが分かった。 LG化学は中国のCATL(寧徳時代新能源科技股份有限公司)を抜いて2位に浮上し、サムスンSDIとSKイノベーションはそれぞれ4位と7位を記録して、3社すべてがトップ10に上がった。

2日、電気自動車用バッテリー市場調査会社であるSNEリサーチ(SNE Research)によると、今年1月に販売された電気自動車用バッテリーの使用量世界ランキングで、日本のパナソニック(シェア27.6%)が1位でLG化学(22.9%)が2位を記録したことが分かった。サムスンSDI(5.1%)とSKイノベーション(2.8%)はそれぞれ4位と7位で、3社すべて10位以内に名を連ねた。

このことから国内3社の世界シェアも、初めて30%を突破した。韓国の電気自動車用バッテリー3社の世界市場シェアにおける合計が30%を超えたのは今回が初めてだ。 SNEリサーチによると、パナソニックは米国でテスラ社製「Tesla Model 3」への供給物量が急増し、前年同期比で2倍以上の急成長を示した。一方、CATLをはじめとする中国企業は市場の低迷で不振を免れなかった。

世界1位を固守していたCATLは、昨年1月と比較して市場シェアは29.2%減少しており、BYD(比亜迪股份有限公司)は81.8%も減少した。2020年1月に世界各国で登録された電気自動車のバッテリー総量は7.3GWhで、前年同月比で6.2%減少したが、やはり中国市場の低迷が影響を及ぼしたものと把握される。

LG化学は1.7GWhで前年同月比で2.4倍近く急増し、CATLを抜くことに成功した。サムスンSDIは0.4GWhで22.7%増加して4位から2ランク上昇し、SKイノベーションは2.1倍急増した0.2GWhを記録して5階段も順位が跳ね上がった。

韓国バッテリー企業の市場シェアの合計は、前年同月14.2%から30.8%に急激に増え、初めて30%を上回った。
  • 毎日経済_ウォン・ホソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-03-02 17:28:55