トップ > 数字経済 > マーケティング > ユニオンライト、非常灯に転換できる「LED平板照明灯」発売

ユニオンライト、非常灯に転換できる「LED平板照明灯」発売

停電になったら電源供給線が内部バッテリーに自動転換 

  • ユニオンライト、非常灯に転換できる「LED平板照明灯」発売
  • < 停電時に非常灯として使用できるユニオンライトの照明 >

非常照明灯専門企業であるユニオンライト(代表ウォン・チョルサン)が非常灯として利用できるLED平板照明灯を発売した。

この製品は、普段は一般灯として使用し停電で緊急事態が発生したときには内部回路がこれを自動的に感知して非常灯に転換されるアイデア商品である。LED平板照明灯は外部から電源が供給されなくても1~2時間ほど光を照らすことができる独立したバッテリーが装着されている。 50W級と55W級などの2つのモデルと形態(Mバー・Tバー)によって、合計8つのタイプに区分され、韓国消防産業技術院で承認された消防検定製品である。この非常照明灯は、一般灯と非常灯などの多機能を同時に遂行し、施工が簡単で、低い天井はもちろん、内部空間が狭い現場にも適用することができるのが特徴だ。

ユニオンライトはすでに2~3年前に独自の特許技術が適用された無停電ダウンライトを開発し、市場で良い反応を得た。無停電ダウンライトも停電になると、電源供給線が内部バッテリに自動的に転換されて、最大1時間の間非常照明灯として使うことができる多機能を備えた非常照明灯である。この他にも付着式非常用照明や作業灯、ポータブルサーチライト、移動式投光灯、ゴルフ場フォグランプ、防爆型製品など50個以上のモデルを確保している。

ユニオンライトは消防業界での最高権威賞である大韓民国安全大賞を3回受賞しており、今年はハイソウルブランド企業に選ばれた。去る5月にCOEXで開かれた2014国際電気電力展覧会と6月に米国ラスベガスで開かれた展示会(NFPA Conference&Expo)に参加し、国内外のバイヤーに好評を受けた。製品に関する問い合わせは、ホームページ(www.unionlight.com)または電話(1644-0408)にすればよい。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-21 17:01:18