新韓銀行、日本のデジタルバンクに技術輸出

日本子会社のSBJ DNXを通じて 

1日、新韓銀行は日本現地法人SBJ銀行の子会社であるSBJ DNXが、日本の金融会社である東京きらぼしフィナンシャルグループが設立準備中のデジタル専門銀行に、クラウドバンキングシステムを提供する契約を締結したと発表した。

SBJ DNXは情報技術(IT)開発の競争力を強化するとともに、日本市場でのデジタル・情報通信技術(ICT)関連の新事業を推進する目的で4月に設立されたSBJ銀行の子会社だ。

今回のシステムの提供契約で東京きらぼしフィナンシャルグループは、設立を準備しているデジタル銀行を通じてSBJ DNXのデジタル技術を活用した非対面サービスと、APIを基盤にさまざまな外部プラットフォームと連携する 「BaaS(Banking as a Service )」型ビジネスモデルを推進する計画だ。

SBJ DNXはSBJ銀行が日本で10年のあいだ稼動実績を保有するコアバンキングシステムを中心に、モバイルバンキングアプリケーションとオープンAPIプラットフォームなどを、新たに設立されるデジタル銀行に提供する予定だ。
  • 毎日経済_イ・スンフン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-11-01 18:09:31