トップ > カルチャー > 韓国探訪 > 弘大のキョドンチャンポン、濃くて重厚なスープの味

弘大のキョドンチャンポン、濃くて重厚なスープの味

スープに惹かれる時 ②/④ 

  • 弘大のキョドンチャンポン、濃くて重厚なスープの味
チャンポンを売る店は多いが、チャンポンが上手な店はなかなか見つけることができない。辛くておいしいスープの味がポイントになるが、少しでもオーバーすると辛かったり、しょっぱかったりするため、調味料の味のせいで失敗した店も多い。だから、知らない中華料理屋に行くと必ず海鮮ジャージャー麺を頼む。

キョンドンチャンポンのスープは旨辛だ。カプサイシンの辛さとは少し違う種類の重厚な辛さがある。アサリ、ムール貝、イカ、肉、野菜をたっぷり入れた濃いスープは長時間煮込んだシチューのようにとろっとしている。辛いが辛くない、どちらともいえない味、でも店を出るとまた思い出される。特に、パリッとしたこの店の焼き餃子とチャンポンは相性がいい。チャンポン6000ウォン、チャンポン飯6000ウォン、焼き餃子5000ウォン。

住所:ソウル市麻浦区東橋洞188-27
営業時間:09:00~21:00
問合せ:02-322-7247
  • Citylife 第452号(14.11.11日付)文/写真=チョ・ウニョン(旅行作家 ㈱アラウンザワールド代表)ナ・ボヨンフリーランス記者(ススル)
  • 入力 2014-11-08 15:36:36