トップ > カルチャー > 韓国探訪 > ソウル市、漢江の屋外プール・水遊び場を17日一斉オープン

ソウル市、漢江の屋外プール・水遊び場を17日一斉オープン

seoul.go.kr/event/hanriver 

  • ソウル市、漢江の屋外プール・水遊び場を17日一斉オープン
ソウル市(漢江事業本部)が来る17日から来月23日まで、トゥクソム・汝矣島・クァンナル・望遠・蚕室・蚕院の屋外プールと蘭芝・楊花の川辺水遊び場など、合計8個の漢江公園で、屋外プールと水遊び場を運営すると14日に明らかにした。漢江屋外プール・水遊び場は、毎年50万人以上が訪れる都心の中のリゾートで、広くて快適な水遊び空間で漢江を眺めながら水泳を楽しむことができ、多くの市民から愛されている。

▶ 漢江屋外プール・水遊び場別の施設

汝矣島プールでは、クールな水が降り注ぐアクアリングだけでなく、放水砲とスパイラル(水が流れる渦)トンネルなどの大型ウォーターパークに劣らない水遊びプログラムで市民を迎える。

蚕室・蚕院・望遠のプールは、エキサイティングなエアスライド(流れる水と一緒に滑り降りる施設)など、家族全員が一緒に楽しむことができるプールで愛されている。

クァンナルプールは、色とりどりな空間と家族的な雰囲気で、恋人や友人同士で楽しむのにいい。特に中央にトンネルの噴水が設置されてあり、水遊び体験と楽しいアトラクションを提供する。

今年はネイティブスピーカーと一緒に水遊びを楽しむことができるテーマ空間が用意される予定で、子供たちと一緒に訪問するのもいいだろう。

トゥクソムプールでは、水深0.3~1.2メートルの流水でチューブに乗って回る流れるプールと、冷たい水流が降り注ぐ4メートルの高さのアクアリングを楽​​しむことができる。

特に今年の夏には、トゥクソムプールで楽しい「SSF(サマー・サム・フェスティバル、Summer Some Festival)」が行われる予定で、トゥクソムプールで若者の熱気を感じることができると思われる。

来る17日から来月23日まで、歌手の公演とヒップホップDJ、モデルたちと一緒に、音楽はもちろん、水鉄砲まで楽しめるパーティーが開かれる。平日と週末のイベントが行われる時間は、平日午前9時から午後8時、週末は午前9時から夜10時までだ。

メインイベントは、毎週金曜日と土曜日に行われる予定だ。金曜日の夜6時から10時はヒップホップとエレキパーティー、土曜日の午後3時から午後6時まではヒップホップのパーティー、土曜日の夜6時から夜10時まではエレクトロニクスとクラブパーティーが開かれる。

蘭芝の川辺水遊び場は、水着でなく楽な服装でも利用できることが特徴だ。特に漢江を背景に最高噴射(高さ)10メートルになる113個の噴水ノズルとLED照明を備えた音楽噴水が設置されており、子供たちに多くの愛を受ける代表的な見どころとなっている。

楊花の川辺水遊び場は、子供を持つ親たちの要求で、今年新しく改造される。隣接する生態公園と連携して小川の自然型護岸など、自然に優しい空間として造成された。

▶ 漢江屋外プール・水遊び場の付帯イベント

今年は、屋外プールを訪問する市民がより楽しく水遊びを楽しむことができるように、トゥクソム・汝矣島・クァンナル・望遠・蚕室・蚕院など6つの漢江プールで毎週1~2回、各種の無料イベントを開催する。

各プールの特色を最大限に活かし、氷の彫刻、パフォーマンス、キッズ体操、水渡り、スイカの早食いなど、様々なイベントや豊かな景品が用意される予定だ。イベントの詳細なスケジュールと内容は漢江み~んな夏祭りのホームページ(seoul.go.kr/event/hanriver)に公知される予定だ。

また、涼しく噴出する水流と一緒に暑さをクールに吹き飛ばす「トンネル噴水」が蚕室、蚕院、クァンナルのプールにあり、子供たちに楽しい見どころを提供する見込みだ。

昨年、蚕室と蚕院プールでしか見られなかった「トンネル噴水」は、今年、クァンナルプールも設置された。

クールな水流トンネルを行き来して涼しさを楽しむことができる「トンネル噴水」は、天高く爽やかに噴き上がる水流が特徴だ。

▶ 漢江屋外プール・水遊び場の利用方法

漢江屋外プール利用時間は午前9時から午後8時までで、休日なしで運営される。特に年代別に水泳を楽しむことができるように大人プール、青少年プール、幼児プールで構成されており、シャワー・売店・エアスライドなど、様々な付帯施設を備えている。

プールの使用料金は、大人5000ウォン、青少年4000ウォン、子供3000ウォンで、水遊び場は成人3000ウォン、青少年2000ウォン、子供1000ウォン、6歳未満はプールと水遊び場がすべて無料だ。駐車料金はプール(水遊び場)関係者の確認を受けると、50%割り引きになる。

タドゥンイ幸せカードの所持者(カードに記載された家族を含む)、65歳以上の高齢者、障害者(1~6級)と障害者の保護者(1~3級)1人、国家有功者には入場料の50%を割引する。

教育機関長が推薦した土曜日の校外学習の参加者(50人以下、休暇期間を除く)で、漢江事業本部の承認を受けた人は入場料を100%割引し、漢江を保全・利用する共同体の活動の参加確認証を所持している団体と児童福祉施設で生活する保護対象児童(該当施設長が申請した10人以上50人以下の団体)で漢江事業本部の承認を受けた人に対しては入場料の50%を割引する。

ソウル市(漢江事業本部)は、市民の安全のために開場日から閉場日まで、各プールの水遊び場に民間ボランティアで構成された「119市民水上救助隊」を運営、市民が安心して利用できるようにする計画だ。

ソウル市漢江事業本部のコ・ホンソク部長は「市民が夏にリゾート地を訪れるために遠く離れることなく、近くの漢江公園に設けられた都心の中のクールなオアシス『漢江の屋外プールと水遊び場』で涼しい夏を満喫してほしい」と述べた。
  • シックニュース チェ・ジョンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2015-07-14 10:40:00