今年も「クィア文化祭」開催


性的少数者中心の「クィア(Queer)文化祭」が今日(14日)から2日間にわたって、ソウル広場で開かれる。

韓国クィア文化祭(Korea Queer Culture Festival/KQCF)は2000年以来、ソウルで毎年6月から9月の間、夏に開催される性的少数者の祝祭だ。韓国で最も大きな性的少数者の祝祭であり、アジアでも最大の祝祭のうちのひとつだ。

この祝祭は、イソン・ヒイル(李宋喜一)映画監督などの性的少数者が参加して2000年9月8日、延世大学校で初めて2日間開催された。

この後、クィア文化祭は弘益大学と新村、梨泰院、鍾路、光化門一帯で開かれており、祝祭の観客は2000年の2000人から毎年増えて、2014年には2万人あまりが参加した。

主催側は「行事期間中、舞台公演とブースの運営や展示の開催など、市民参加型の文化イベントを開催する」とし、「予想参加人員は2万人」だと語った。
  • デジタルニュース局 イ・ジュヨン インターン記者 / 写真=photopark.com
  • 入力 2017-07-13 09:09:32