ショパンコンクール優勝者ではなく「チョ・ソンジン」として記憶されたい


■ 初の全国リサイタルを開くピアニストチョ・ソンジン

透明で澄んだ音色が絵の具のようにピョンピョンと広がった。まるで水面上の波紋のように穏やかだが、余韻が深い。チョ・ソンジンが演奏するドビュッシーの『.そして月は廃寺に落ちる』は、特有の澄んで透明ながらも華やかな音感が目立った。続いてベートーベンのピアノソナタ8番悲愴第3楽章。特有の軽いタッチに力が載るとスピード感がつく。騒がしくないながらも激情的なベートーベンだった。サイモン・ラトルが「鍵盤の上の詩人」と呼ばれたピアニストチョ・ソンジンのもう一つの姿だった。

4日、芸術の殿堂IBK室ホールが午前から記者たちと400人余りのファンたちでいっぱいになった。 7日の釜山を皮切りに、ソウル、全州、大田に続くチョ・ソンジンのピアノリサイタルのショーケースのためだ。ショパンコンクール以降、ソウルと統営、大邱でそれぞれ公演があったが、全国の主要都市巡回公演を開くのは今回が初めてだ。すでに全国9700余りの席が前売りオープン後わずか数十分で完売した。

「幼い時の夢がピアニストだった。しかし、私を紹介する時、『こんにちは、ピアニストチョ・ソンジンです』と言うのが、いつも恥ずかしかった。でも今はピアニストになったようだ」自らを「ピアニスト」と紹介できるようになったというチョ・ソンジンの言葉は、彼が歩んできた道を見れば納得がいく。

今年戌年で今や24歳を迎えたチョ・ソンジンは、2015年にショパンコンクール優勝以来、ドイツ・グラモフォンレーベルとの音盤契約、カーネギーホールデビュー、ベルリンフィルとの共演などの大きな成果を成し遂げた。これまで忙しいツアー日程で韓国で会うことが難しかったが、今年はリサイタルをはじめ、チョン・ギョンファとデュオ舞台、サンタチェチーリア・オーケストラと共演舞台、12月にドイツ・グラモフォン120周年ガラコンサートなどで韓国の観客に休みなしに会う。

その砲門を開く全国ツアープログラムの1部はベートーベンソナタ。8番と30番でベートーベンの初期と後期の作品を並べて披露する。続いてドビュッシーの収録曲の中の映像2集とショパンのピアノソナタ3番を披露する。

- 今回の初の全国リサイタルをベートーベン、ドビュッシー、ショパンの3人の作曲家で構成された特別な理由があるか​​。

▷ ベートーベンは最も尊敬する作曲家だ。予想外の和声や音楽的なアイデアを絶えず発見することになる。何よりも、彼の初期の作品と後期の作品は、同じ人が書いたものと信じられないほど違っている。『運命交響曲』のように運命に立ち向かうベートーベンもいるが、私が演奏する30番のように運命を受け入れるベートーベンもいる。ドビュッシーは私はパリで学び、感じたことを上手く表わすことができる曲だ。また、ショパンのピアノソナタ3番ともよく似合う。

- ショパンコンクールの初の韓国人優勝者に名前を上げたが。

▷ いつかはショパンコンクール優勝者のタイトルから抜け出したい。「チョ・ソンジンの音楽」で記憶に残りたい。そのために最近レパートリーをさらに広げようとしている。今後数十年の間ピアニストとして活動するようだが、これまでショパンだけを弾くには惜しくないか。世の中には良い曲があまりにも多い。

- 最近パリからベルリンに引っ越した理由は。新しい生活はどうか。

▷ 8月に引っ越しをしたが、ツアーにたくさん通うためベルリンに滞在する時間は1カ月余りだ。現在まではとても良い。実は最近の若い音楽家たちの間ではベルリンはトレンドだ。優れた音楽家、素晴らしいオーケストラが多く音楽家にとって幸せな都市だ。日が早く沈む点と天気が良くないことを除いては(笑)

- 公演を控えれば緊張感が大きいはずだが、ストレスを解消する特別な方法があるか​​。

▷ 性格がストレスをたくさん受ける方ではない。友人たちに会ってご飯を食べてぐっすり寝れば解消される。音楽はクラシックを主に聞くが、歌謡ではキム・グァンソク先生の曲が好きで時々聞く。

- 新年最も叶えたい望みは。

▷ 12月31日はベルリンで家族と過ごした。深夜になってみんなで新年の願いを祈るのに願いがないのだ。ただ、今後の演奏を健康できれば良いだろう。ただし、長期的に先入観を破っていきたい。私は人種差別には遭ったことがない。上の世代の先生たちが熱心にしてくださったおかげだ。しかし、いまだに東洋人の演奏者に対する漠然とした先入観がある。それを破りたい。私が既成世代になった時、若い世代がより自由に演奏活動できればいい。

- 特別な願いがないなら逆に心配事はないか。

▷ 今すぐはない。今はショパンコンクールで優勝したばかりで、若い演奏者で、何よりも2020年末まで日程がすべて決まっている。しかし、今後、30・40代になった時、近づいてくる出来事を知っているため、少しずつ考えている。30代になれば私よりも若い演奏者もたくさん出てくるだろうし、巨匠でもなく若い演奏者でもない曖昧な年齢だが、その時に私がどんな演奏をするかを。

- 30代になればブラームスを演奏したいと言っていたが。

▷ ブラームスが大好きだが演奏をそんなにしたことがない。30代と言った理由は、もう少し私のものにした後に演奏したい気持ちからだ。

また、高校の時は私が太っていたが、今少し痩せた。体重と音が関連があるようだ。ブラームスを弾くにはもう少し体重が重くなければならないようで、30代までもう少し太ると思う。ドイツビールもたくさん飲んでいる。
  • 毎日経済 キム・ヨンジュ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-01-05 17:30:34