[シリーズ④/④] ユ・スンホ作家、文字たちのがやがや山水画

アイデアスケッチの一部(コンセプトシート)作家ユ・スンホとは、 

作家ユ・スンホとは、
1973年、忠南(チュンナム)舒川(ソチョン)ピイン面の田舎の村で生まれ、漢城(ハンソン)大学校絵画科を卒業した。1998年第5回公山美術祭公募展で「ゆっくりゆっくり」(紙に墨、国立現代美術館所蔵)で優秀賞を受けて初めて作家の道を歩き始めた。以降文字の組み合わせと反復的な書き込みを通じた作品で大きな注目を受けながら書く・描くの境界に対する質問と共にユーモアと面白さという言語の属性に対する多様な実験をする作業に没頭している。2003年第22回ソクナム美術賞を受賞し2007年「echowords」(ミヅマアートギャラリー、東京)、2006年「echowords」(SEOMI&TUSS、ソウル)、2005年「echowords」(ONE AND J. GALLEYR、ソウル)、2003年「echowords」(ソクナム美術賞受賞展、牡丹(モラン)ギャラリー)、2000年「」(ソナム美術展示館、ソウル)、1999年「ヒヒヒ」(チョ・ソンヒ画廊、ソウル)など計6回の個展を持った。

  • アイデアスケッチの一部(コンセプトシート)



[シリーズ①/④]ユ・スンホ作家、文字たちのがやがや山水画_bzzz200×157cm、ink on paper、2007
[シリーズ②/④]ユ・スンホ作家、文字たちのがやがや山水画_shooo129.6×72.3cm、india ink on paper、1999~2000
[シリーズ③/④]ユ・スンホ作家、文字たちのがやがや山水画_私たち、ぱっと会いましょう122×122cm、acrylic on aluminum、2010
[シリーズ④/④]ユ・スンホ作家、文字たちのがやがや山水画_アイデアスケッチの一部(コンセプトシート)作家ユ・スンホとは、
  • Luxmen_バクボミ(アートコラムニスト·ボムボム代表)
  • 入力 2012-04-26 00:00:00