Rain、「ゴースト・ドクター」の出演を決定 2年ぶりのドラマ復帰


  • 写真:Sublime Artist Agency

俳優のRain(チョン・ジフン)が新ドラマ『ゴースト・ドクター』で主人公チャ・ヨンミン役でドラマに復帰する。

新ドラマ『ゴースト・ドクター』(演出プ・ソンチョル、脚本キム・ソンス)制作BON FACTORYは実力も性格も正反対の2人の医師が「うっかり憑依」を皮切りに魂と体が一つになって繰り広げられるストーリーを描いたゴースト・メディカルドラマだ。

俳優のRainが出演を決め2年ぶりのドラマ復帰を告げ、もう一度「印象に残るキャラクター」の更新に乗り出す。『ゴースト・ドクター』は死んでも病院や患者のそばを離れられないゴースト医師たちの胸が熱くなる物語を描いている。

Rainは神がかりな医術を持っているが、利己的で傲慢な天才医師チャ・ヨンミン役を演じる。彼はある日、起こった思いがけない事件に巻き込まれながら、他の医者に憑依するキャラクターとして熱演をするという。

チャ・ヨンミン役を演じたRainは、ロマンチックコメディーとミステリーを行き来しながら、限界のない演技スペクトルを誇っている。前作『ウェルカム2ライフ~君と描いた未来~』では優れたキャラクター消化力はもちろん繊細な内面の演技まで加わり「Rainの再発見」、「代替不可俳優」という申し分のない好評を博し話題を呼んだ。

『ゴースト・ドクター』は、K-ドラマの主役であるBON FACTORYが制作を務め話題性と作品性を同時に魅了するドラマの誕生を予告している。BON FACTORYは『美男<イケメン>ですね』を皮切りに『主君の太陽』、『彼女はキレイだった』、『キム秘書がなぜそうか』、『ボーイフレンド』など数多くの傑出した作品を生み出した。

一方、『ゴースト・ドクター』は『チャン・オクチョン』、『相続者たち』、『パーフェクトカップル~恋は試行錯誤~』を演出したプ・ソンチョル監督と『医心伝心〜脈あり!恋あり?〜 』のキム・ソンス(キム・ウンヒ)作家、そして第2の全盛期を謳歌しているRainと作品ごとに空前のヒットを記録したBON FACTORYの完璧な組み合わせがどのようなシナジーを発揮するのか早くも期待が高まっている。

Rainが出演を決めた『ゴースト・ドクター』は、今年下半期の放送を目標に制作に入る予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-03-17 08:39:10