「交通事故で相手死亡」パク・シニョンが謝罪文公開「故人を責めないで」


  • IOKカンパニー

元アナウンサーのパク・シニョンが交通死亡事故に対する自筆の謝罪文を公開した。

パク・シニョンは12日、非公開に切り替えていたインスタグラムを再び公開に切り替えて謝罪文を投稿した。パク・シニョンは「もう少し早く謝罪できなかった点があまりにも申し訳ない」とし「私にも明らかな過失がある。信号が黄色に変わり、はやく渡らなくてはという思いでスピードを出して加速し、バイク運転者を死亡に至らせた」と謝罪した。

また「重い気持ちで遺族を訪ねて謝罪したが、どのような言葉でも許されないことだということをよく知っている」と付け加えた。

パク・シニョンは「現在、記事に書き込まれた多くのコメントによって傷つかれた遺族の方々を考えると、あまりにも胸が痛い。故人への非難は控えてくださるよう切にお願いする」と呼びかけた。

パク・シニョンは去る10日、ソウル市上岩洞でバイクと衝突する事故を起こした。事故によりバイクの運転手は現場で死亡した。麻浦警察署の担当者は毎日経済スタートゥデイに「映像の中では信号違反として出てくるが、交差点進入前に黄色信号が点灯したため、停止しなければならないところを進行した」とパク・シニョンの過失を指摘した。

警察によるとパク・シニョンは黄色信号で直進し、バイクは赤信号で直進したことが分かった。両側とも飲酒状態ではなかった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2021-05-12 08:03:13