2PMジュノ、「袖の赤い裾口」出演確定 兵役後初の作品で正祖イ・サン役に


  • 写真:JYPエンターテイメント

ジュノがMBC『袖の赤い裾口』への出演を確定した。ジュノは兵役後、最初の作品として正祖イ・サン役を演じてイ・セヨンと呼吸を合わせる。

MBCの新しい水木ドラマ『袖の赤い裾口』(演出チョン・ジイン、脚本チョン・ヘリ)は自身が選択した人生を守ろうとした宮女と愛より国が優先だった帝王の切ない宮中ロマンスを描いた作品で、カン・ミガン作家の同名小説を原作とする。

2021年下半期最高の期待作に挙げられるこのドラマでジュノは頑固で傲慢な完璧主義の王世孫「イ・サン」役を引き受けた。

正君になろうと絶えず努力するが、父の死が心のトラウマとして残っている人物で、しっかりものの宮女「ソン・ドクイム」に出会って自分も知らなかった愛情深い面を不器用にも見せることになる。後日「正祖」となって一国の君主として持つべき冷たい理性と一人の男が抱く熱い愛の間で葛藤するようになる。

ジュノは去る3月に召集解除されて復帰作に対する期待と関心を集めてきた。彼は降り注ぐラブコールの中で、正統時代劇である『袖の赤い裾口』への出演を確定して本格的な演技活動を再開する。

JTBC『ただ愛する仲』、SBS『油っこいロマンス』、tvN『自白』、KBS2『キム課長とソ理事 ~Bravo! Your Life~』などに出演して安定した演技力を誇って信じて見る俳優として定着し、さらに『袖の赤い裾口』を通じてカリスマあふれる冷静な君主と深い眼差しの中に愛情を込めた一人の男の姿を表現して抗えない魅力を披露する予定だ。

ジュノと呼吸を合わせる「ソン・ドクイム」役にはイ・セヨンがキャスティングを確定した。しっかりとした演技力と幻想的なビジュアルの組み合わせを誇る2人の出会いに、すでに視聴者たちはときめき、『自己発光オフィス~拝啓 運命の女神さま!~』、『私の愛、あなたの秘密』などを演出したチョン・ジイン監督と『仮面の王 イ・ソン』を共同執筆したチョン・ヘリ作家が意気投合して期待を集めている。

一方、ジュノが主人公として活躍するMBCの新しい水木ドラマ『袖の赤い裾口』は韓国で今年下半期に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2021-05-12 10:02:34