イ・ジュンギ、日本のファンとオンラインファンミ 日本語でのやり取りも


  • NAMOOアクターズ

俳優イ・ジュンギが日本のオンラインファンミーティングを盛況のうちに終えた。

イ・ジュンギは去る15日、「イ・ジュンギのAbout Time」をテーマに日本公式ファンクラブ「SPLENDOR」の会員とオンラインファンミーティングを進行した。毎年行ってきた誕生日ファンミーティングが新型コロナにより2年連続で行えずにいる状況で、先月のネイバーNOWでのライブショーに続き今回のオンラインファンミーティングまで、国内外のファンたちと活発なコミュニケーションの時間を準備したもの。

今回のファンミーティングで彼はファンが知りたがっている近況トークから各種のクイズやライブステージまで3時間近くにわたり、ファンミーティングを盛りだくさんに構成し、特別な思い出をプレゼントした。まず、最近、撮影のために済州島を訪問した話から、ドラマ『悪の花』で第57回「百想芸術大賞」最優秀演技賞男部門にノミネートされ授賞式に出席した近況までを伝え、ライブチャットで質問を送って来るファンとその場で会話を交わして率直で淡泊なトークを続けた。

続くコーナーのなかでも彼のファンたちが事前に送ってきた多様な質問やエピソードを直接読んで答えたり、合間に自然な日本語でファンの質問に答えたり、気の利いたリアクションを見せて、日本のファンに特別な感動を与えて韓流スターの底力を改めて体感させたという。

ファンミーティング後半では彼が直接選曲して準備した曲で構成されたライブステージが今回のファンミーティングに深い意味を加えた。舞台が終わった後、ファンがリアルタイムで送ってくる応援のメッセージを見たイ・ジュンギはファンと直接会えないことに対する物足りなさを伝えて、さらに濃い余韻を残したりした。

イ・ジュンギは現在、次作を検討中だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-05-17 10:03:44