トップ > エンタメ > K-POP > 2PM正規4集アルバム「狂ったんじゃない?」愉快なオッパたちのパーティ

2PM正規4集アルバム「狂ったんじゃない?」愉快なオッパたちのパーティ

M+アルバムレビュー…2PM「狂ったんじゃない?」 

野獣ドルのアイコンと呼ばれる2PMが以前のアルバムよりも少し力を抜いたが、2倍近く愉快になった姿で大衆の前に戻ってきた。
タイトル曲のタイトルから並外れている。「狂ったんじゃない?(Go Crazy:ミダレテミナ)」を叫んでステージの上を跳ね回る2PMを見ていると、自然と肩が揺れだす。この楽しさはオフラインアルバムでもそのまま表れた。パーティ会場で遊びまくっている2PMの姿を収めてアルバムの中に閉じ込めたのだ。これにMBNスターはパーティを楽しむ2PMの姿を集中探究してみた。

  • 2PM正規4集アルバム「狂ったんじゃない?」愉快なオッパたちのパーティ

◇パーティに参加することになったあなたへ 2PMのアルバムの表紙は「狂ったんじゃない?」と書かれているプラスティック透明ケースで構成されている。このカバーを取り除くと蛍光ブレスレットをした謎の女性がコップを持って手をあげている。彼女の手の上に記載された華やかな光はまるでクラブの入り口に立っている気分にさせてくれる。それだけでなく、カバーを取り除いて表紙を覗けば、「狂ったんじゃない?」という文字と2PMの今回のアルバムロゴがコーティングされており、裏表紙にはトラックリストが一目ですっと入ってくる構成になっている。

  • 2PM正規4集アルバム「狂ったんじゃない?」愉快なオッパたちのパーティ

◇6人6色パーティを楽しむ2PMの姿勢 アルバムの表紙を超えてジャケットを見ると、パーティを楽しむ2PMの姿を見ることができる。ホームパーティが開かれているような場所で多様な表情と行動でパーティを楽しんでいる彼らの姿を見ると、知らず気分が良くなる。アルバムの裏ジャケットには酒に酔ったように床に倒れこんでいる6人の姿も公開されてファンたちの笑いを刺激した。

◇「誰が出るか?」…ランダムCD6種 最近のアイドルCDを見ると、ランダムカードが入っていることが一般化された。これに2PMは少し違った試みをした。6種のランダムなCD版を導入した。ランダムで違うメンバーで構成されているCD版はCDを数枚購入するファンたちに一味違った楽しみを与える。またアルバムの中にはランダムでアフターパーティチケットが含まれている。この招待券の詳細事項は2PM公式ファンカフェにて今後公開される。

「thanks toまでを読んでいるあなたに感謝します」 メンバーたちはthanks toを通じてファンたち、自身をサポートしてくれる会社のスタッフたち、そしてメンバーたちに感謝を使えた。特に今回のタイトル曲「狂ったんじゃない?」を作詞作曲したJun.Kは「このアルバムを聞かれるすべての方たちがいつも愉快で感動のある人生であったらと思います。さらにお見せします」と覚悟を収めた。

  • 2PM正規4集アルバム「狂ったんじゃない?」愉快なオッパたちのパーティ
  • MBNスター_ソン・チョロン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-09-23 10:01:03