トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 2PM テギョン、新ドラマのアクション演技に自信「たくさん殴られ、転がった」

2PM テギョン、新ドラマのアクション演技に自信「たくさん殴られ、転がった」


  • 2PM テギョン、新ドラマのアクション演技に自信「たくさん殴られ、転がった」
  • tvN

2PMのテギョンが、自身がドラマで担当したキャラクターについて話した。

16日、tvN新金土ドラマ『ブラインド』(演出シン・ヨンフィ、脚本クォン・ギギョン)制作発表会がオンラインで生中継された。この日、シン・ヨンフィ監督をはじめ俳優テギョン、ハ・ソクジン、チョン・ウンジが参加した。

テギョンは『ヴィンチェンツォ』『御史とジョイ』に続き、3連続でtvNドラマでカムバックした。劇中では、事件現場なら水でも火でも辞さずに飛び込む強行犯係の刑事リュ・ソンジュンを演じる。

多くの刑事キャラクターの中で、自身の強みについて、テギョンは「事件の渦中にいる刑事だ。普通刑事は事件の糸口を追うが、僕たちのドラマ『ブラインド』は事件の中にいる」として「リュ・ソンジュンの内面が変化する過程や、彼の成長過程が特別だ」と強調し期待感を高めた。

アクション演技に対する自信も見せた。彼は「これまでたくさんお見せしてきたが、今回はもっとユニークだ。たくさん殴られて、たくさん転がった」として「特に血のメイクをすれば監督がとても喜んだ。「テギョンが転がるのが幸せだ」と言うほどだった。期待してほしい」と伝えた。

『ブラインド』は被害者になった平凡な市民たちと、不都合な真実に目をつぶった加害者たちの物語を描く。裁判が終わった後、陪審員を相手に繰り広げられる連続殺人事件の真犯人を探すミステリースリラーだ。

同日午後10時40分、初放送される。

  • イ・ユリ スタートゥデイインターン記者
  • 入力 2022-09-16 14:36:57