トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 2PM テギョン&ハ・ソクジン&Apink チョン・ウンジ、ドラマ「ブラインド」のティーザー映像を公開

2PM テギョン&ハ・ソクジン&Apink チョン・ウンジ、ドラマ「ブラインド」のティーザー映像を公開


  • 2PM テギョン&ハ・ソクジン&Apink チョン・ウンジ、ドラマ「ブラインド」のティーザー映像を公開
  • tvN

『ブラインド』が、霧の中で真実を探す2PMのテギョン、ハ・ソクジン、チョン・ウンジの姿が収められたティーザー映像で好奇心を刺激している。

9月に初放送されるtvN新金土ドラマ『ブラインド』(脚本クォン・ギギョン、演出シン・ヨンフィ)は、被害者になった平凡な市民たちと、不都合な真実に目をつぶった加害者たちの物語を描く。

『愛の迷宮‐トンネル‐』、『ボイス4』など多数の作品を通じて、スリリングな展開と感覚的な映像美でジャンル物の一線を画したシン・ヨンフィ監督が演出を担当して話題を呼んでいる。ここにテギョン、ハ・ソクジン、チョン・ウンジが、陪審員連続殺人事件に巻き込まれた3人の人物として出会って真実を探し始める。

まず、テギョンは悪者を捕まえることに躍起になっている強行犯係の刑事リュ・ソンジュンに扮する。犯人を捕まえるという一念で毎日のように潜伏捜査をしたおかげで、検挙率1位を記録したリュ・ソンジュンは、事件現場なら水でも火でも辞さずに飛び込む性格で、過度な意欲で時には警察ではなくやくざと誤解される。テギョンは外見から情熱いっぱいの性格まで熱血刑事リュ・ソンジュンと高いシンクロ率を見せ、ドラマ『ヴィンチェンツォ』の中の悪役として見せたギャップのある魅力とは違う、新しい姿で『ブラインド』で演技を披露する予定だ。

ハ・ソクジンは劇中のリュ・ソンジュン(テギョン)の兄で完璧主義者の判事のリュ・ソンフン役を演じる。リュ・ソンフンは司法試験首席合格に続き、司法研修院首席卒業まで果たした生まれつきの天才で、公正な判決のために最善を尽くす、まっすぐな人物だ。前作『無職の三食』でリアルなニート演技を披露しただけに、今回の作品では180度違う魅力を披露するものと期待を集めている。特にバラエティ番組を通じて「脳セク男(脳がセクシーな男)」イメージでも知られているだけに、ハ・ソクジンが冷徹な判事の一面をどのように描くか関心が集まっている。

ドラマ『酒飲みな都会の女たち』を通じて女心をつかんだたチョン・ウンジは、あらゆる経験をした社会福祉士チョ・ウンギ役を演じる。いつも人のことを最優先に考え、子供たちにとっての心強い保護者になるために努力するチョ・ウンギは、「世界は救えなくても、一人の子供の人生は救いたい」という気持ちで生きている人物だ。これに対し、チョ・ウンギのキャラクターを通じて正義感溢れる暖かい魅力と彼女ならではの説得力のある演技で視聴者を魅了させるチョン・ウンジの活躍が待ち遠しい。

このように『ブラインド』は俳優とキャラクターがぴったりのシンクロ率に加え、幅広い演技スペクトルを持った3人の俳優が見せる熱い演技のシナジーで、期待感を高めている中で公開されたティーザー映像は、霧の中で真実を探す3人の人物の様子を収めており、好奇心を刺激する。

お互いの視線を避けながら交差するハ・ソクジン(リュ・ソンフン役)とチョン・ウンジ(チョ・ウンギ役)の姿で始まった映像は、誰かによって目隠しされたテギョン(リュ・ソンジュン役)を照らす。視界を遮る霧のように空間の間から鮮明に現れたテギョンは、自分の目を隠した手を振り切って、誰かに強烈な視線を送っている。

ここに加えられた「目を閉じた者は誰か?」という問いは、まるで見る人たちに向けられたようだ。果たして彼が投げかけた質問は誰に向けられたものなのか、また何を意味するのか、テギョンの目を隠した正体不明の手の主人公は誰なのか好奇心がくすぐられる。このように『ブラインド』は今後少しずつ晴れていく霧の後ろに衝撃的な事件とミステリーを予告し、初放送に対する期待感を高めている。

TvNの新しい金土ドラマ『ブラインド』は9月に初放送される。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-07-27 10:31:06