2PMテギョンとキム・ヘユン、コメディ時代劇「御史とジョイ」出演確定


  • 51k、sidus HQ

2PMテギョンとキム・ヘユンがtvN『御史とジョイ』で痛快な捜査冒険に旅立つ。悪代官と悪習に対抗する彼らの気分爽快な活躍にすでに期待が高まっている。

tvNの新しいドラマ『御史とジョイ』(脚本イ・ジェユン、演出ユ・ジョンソン、制作スタジオドラゴン)は意図せず御史になってしまった、外見ばかりは立派なグルメなお坊ちゃんと、幸福を手に入れるために突進する朝鮮時代のバツイチ女性の「陽気なコメディカップル捜査ショー」だ。『100日の郎君様』、『王になった男』などのウェルメイド時代劇の系譜を引き継いで、2021年の下半期、新概念のコメディ時代劇としてtvNで放送される。

まず、テギョンは最高のマンネリズムの境地に達した、見た目ばかりは立派な従6品公務員「ラ・イオン(羅二言)」役を引き受ける。イオンに願いがあるとすれば、地価の安い郊外に小さな餃子屋をオープンして商売を営みながら生きることだ。ところが、よりによって頭が良く、科挙に合格すると同時に朝鮮最高のエリートコースである弘文館の副修撰に抜擢され、さらには密命を受けて御史の任務まで遂行することになる。実に立身出世が保証された家門の栄光であるが、お昼の時間と定時退勤厳守が原則であるイオンは、定時退社後に餃子でも蒸して食べながら床でごろごろする。ところがキム・ジョイと出会って「面倒くさがり屋のインドア派」の人生に変化が訪れる。

キム・ヘユンは儒教の聖地朝鮮で「生きていれば離婚することもある」という珍しいマインドを持った時代を先駆ける現実主義者「キム・ジョイ(金祚怡)」を演じる。ギャンブル中毒のマザコンと3年前に結婚、薄氷と活火山を行き来する戦争のような毎日を過ごした末に、行儀よく離婚を提案してみたが、すぐに拒絶される。紆余曲折の末、離婚訴訟を終えようとした瞬間に「御史出頭」という難関に直面する。離婚後、第2の人生を夢見たジョイのバラ色の青写真がばらばらと崩れたかのように思われたその瞬間、皮肉なことに彼女の物語は再び動き出す。

『御史とジョイ』は出世が面倒な、見かけばかりは素敵な公務員と好奇心いっぱいの「無鉄砲」バツイチ女性が怪物のような悪代官と悪習がうずめく未知の森へと一緒に旅立つ、ドキドキの冒険とすっきり痛快な「捜査ショー」を披露する予定だ。妻として夫を仕えるという固定概念を破り、離婚を選択した「バツイチ女性」という素材も興味を誘う。何よりも、ドラマ『ヴィンチェンツォ』、『君を守りたい ~SAVE ME~』などを通じて演技者としての地位を確立したテギョンと『偶然見つけたハル』、『SKYキャッスル』で一気に大衆が注目する20代女優となったキム・ヘユンの活躍が最大の関心ポイントだ。

『御史とジョイ』の制作陣は「テギョンとキム・ヘユンが今回の作品を通じて初めて呼吸を合わせて痛快な全国津々浦々監察捜査を繰り広げる予定だ。2人の新鮮で愉快な掛け合いは制作陣も最も期待しているポイント」とし、「出世が面倒な公務員、手段を厭わないバツイチ女性など、朝鮮のアウトサイダーが繰り広げるコミカルで明るい活躍に関心と愛情をお願いしたい」と伝えた。

『御史とジョイ』は『サバイバー: 60日間の大統領』、『キム秘書はいったい、なぜ?』で感覚的な演出力を見せてくれたユ・ジョンソン監督と映画『ガール・コップス』、ドラマ『恋のトリセツ〜フンナムとジョンウムの恋愛日誌〜』、『タムナ 〜Love the Island〜』で優れたコメディの感覚とウィットを見せてくれたイ・ジェユン作家が意気投合、次元の異なる「陽気コメディカップル捜査ショー」を誕生させる予定だ。 2021年下半期、韓国のtvNで放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-05-20 09:24:05