ジェジュン、「トラベルバディーズ2」の撮影を終えてインタビュー


  • 写真:スタートゥデイDB

キム・ジェジュンが『トラベルバーディーズ2』で最高の癒しを味わった。

シーズン1の海外編に続き、シーズン2の国内編で会ったキム・ジェジュンは、新型コロナウイルス時代にも国内のあちこちを回りながらヒーリングと食レポを満喫した。

10日にビデオインタビューで会ったキム・ジェジュンは「旅行がこんなに楽しいとは思わなかった」と伝えた。「全国にこんなにおいしい店が多いことに改めて気づいた」という彼はシーズン3に対する期待感も示した。

『トラベルバディーズ』シリーズを通じて見せてくれた彼の姿は新鮮だった。ステージで見た強烈さとは違っていた。食レポ、居酒屋キャンプに特有の親しみやすさを見せてくれた。

ところが、彼は人気者になるしかないストーリーがあるという。「10代の時から外見の先入観のため相手に声をかけ、もっと会話をしなければならないと感じ練習をしてきた」という。

「通りすがりの動物たちがいれば、無条件に写真を撮っていく。僕はどうすれば動物たちが逃げ出さないかという研究もたくさんした。 密かに歩いてみたり隠れて撮ってみたり誘因もしてみたが、僕が慎重になると、むしろ動物たちが逃げていった。そういうことを悟ったようだ」と笑った。

東方神起としてデビューしてトップアイドルとして20年近く暮らし世界40か国余りに呼ばれながら公演をしたが、「真の旅」は指折り数えるほどだ。 「済州島(チェジュド)も5回ほど行ったのがすべて」とし「シーズン4では島旅行に行ってもいいと思う」と明らかにした。「黒山島(フクサンド)もいいし馬羅島(マラド)もいいし鬱陵島(ウルルンド)も好きだ。そして鬱陵島に2回ほど行こうとしたが浦項(ポハン)まで下りて天候のために失敗した経験がある」と伝えた。

最も印象に残った旅行先を尋ねると「江華島(カンルンド)」と答えた。「島に入る前は、衛兵所のようなところがありましたが、マネージャーとコンビニで食べ物を買ってビールを飲んで寝た。それが何度も思い出される。小さな宿屋だったが、主人が多用室のように使うキッチンがあって本当に良かった。校洞(キョドン)に一度行ってみてください。 そういえば、ヨンインも面白かった。室内でするスカイダイビングも面白かった。でもちょっと高い」

モンゴルも昔から夢見ていた旅行先だ。「もともと最も行きたかった国はモンゴルだ。楽な草原もあり知り合いの方々は食べ物が大変だったと言ったが、僕はむしろそれが大好きだ。生臭さが好き」と伝えた。

記憶に残るバーディーズには、イ・ウォンイルシェフが思い浮かべた。料理の実力も実力だが温かい人間味のためだ。「僕も料理が好きだが調味料を好む方だ」とし「しかし調味料を一切使わず塩以外何も入れない。それで調味料を入れたような味を出すが、魔法使いのようにどきどきしてはしゃいだ。タレントやスターシェフのような感じよりも人間味が豊かな人だなと思った。撮影が終われば会いたい人だと思ったが、本当によく思い出された」

一緒に旅行に行きたい友達としては俳優のチェ・ジニョクを挙げた。「彼はフィジカルも大きく大人っぽくて男らしいイメージだが、実際に温かくて反対の姿を持っている。彼の男らしい野生的な面を経験できそうで面白い絵になりそうだ。話すことも多そうなので、楽しい思い出になるんじゃないかと思う」と理由を説明した。また「料理が上手な方とも行ってみたいし、大食いYouTuberとも行ってみたい」と付け加えた。

『トラベルバディーズ』は単なるヒーリングプログラムではなく特別な意味を持つ。「バラエティ番組に出演するのは、ほぼ12年ぶりのようだ。そんな中、このように2度も番組を作ってくださったことに感謝する。どうすればもっと面白く見せられるか考えている」 感謝の気持ちが大きい」と伝えた。

キム・ジェジュンは旅行以外のストレス解消法で料理を楽しむ。一度やったら量が多い。「最近はおかず作りをしている。ソウル圏で昔のスーパーを探すのも楽しみの一つだ。それは感じが本当に違う。1日をぼんやりとテレビばかり見て、インターネットばかりして退屈に過ごすよりおかずを3種類作ってみようと思う」と明らかにした。

「最近、再開発商店街に小さな割引スーパーがたくさん隠れていた。探してみたり直接作ってみたり近所の人に配ってみたりする。ソン・ユリにソクパクチ(ダイコンと白菜の混ぜキムチ)をプレゼントしたこともある。「ソン・ユリさんには僕がソクパクチを漬けてプレゼントしたが、僕はおいしく食べた。俳優のチン・イハンさんがソクパクチを食べて「これは、ソルロンタン屋さんに売ってるのじゃないか?」と言った」とし「僕が炒め物料理を作ってソン・ユリさんに「分けてあげましょうか?」と聞いたら、ソン・ユリさんが「大丈夫。姑がおかずをたくさん作ってくれたので冷蔵庫に入れる空間がありません」と言った」と笑った。

旅行は彼に多くのものをプレゼントした そして、彼を音もなく変化させた。キム・ジェジュンは「ささやかさから感じられる楽しみが、このような時期だからこそ一層切実で大切に感じた」と話した。 そして、エピソードを一つ付け加えた。「昨年、ドキュメンタリー撮影のため故郷に帰ったことがある。撮影で行ってみたらあまりにも違っていた。20代の時はただ小さな故郷のような感じだったが、ただ小さな故郷の田舎のような感じではなく、大きなことを考えさせる何かがあった。気楽に一人で風に当たりたい時は故郷の近くの宿を取って風にあたってこようかと考えた。最も大人びていた4~5歳の自分に戻って今の自分はどう生きているのか考えてみるのもよさそうだった」
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-06-10 16:41:56