終了ボタンも勝者もいない恋愛ゲーム ハン・ソヒとソン・ガン主演「わかっていても」


  • ドラマポスター

『わかっていても』でハン・ソヒとソン・ガンのどきどきの恋愛ゲームが始まる。

来る19日に公開される新しいドラマ『わかっていても』側は11日、制御不能な青春ロマンスの開始を知らせる予告編を公開した。

魔性の男パク・ジェオン(ソン・ガン)の罠にかかってしまったユ・ナビ(ハン・ソヒ)。偶然のようで運命のような妙な関係でつながった2人の出会いが好奇心を刺激する。

同名の人気ウェブ漫画を原作とする『わかっていても』は愛は信じないけど恋愛はしたい女ユ・ナビと恋愛は迷惑でも友達以上恋人未満の関係は楽しみたいパク・ジェオンのハイパーリアルロマンスだ。

甘くてセクシーで、悪いと知りながらもハマってしまう若者たちの不埒で現実的な恋愛がどきどきとときめきと共感で視聴者を魅了する。恋の前では不安で不完全な20代の恋愛をリアルに描き出すハン・ソヒとソン・ガンの活躍も期待を高める。

この日に公開された予告映像は「面白いことに彼と目が合った瞬間、私に重くのしかかっていた失恋の痛みが雪解けのように消えた」というユ・ナビのナレーションで始まる。虚しい初めての恋愛の後にパク・ジェオンと出会ったユ・ナビは運命的に彼に惹かれる。その後、2人は意外なところで再会する。同じキャンパス、同じ科の学生だったもの。その時からユ・ナビは無意識のうちに、しかし自発的にパク・ジェオンの周辺をうろつき始める。

ユ・ナビの混乱する気持ちを見抜いたかのように、パク・ジェオンはすっと近づいてくる。「僕は嬉しかったよ、また会えて」という甘い言葉とひそやかなスキンシップは、ユ・ナビを彼の軌道の深い場所へと押し込む。何かが新しく始まるようなときめきに陽気になったユ・ナビ。しかし夢見心地の恋愛の始まりではなく、「終了ボタンも勝者もないゲームが始まる」というフレーズは好奇心を刺激する。続いてすぐにでも唇が触れそうなほど近づく2人。「可愛い」というパク・ジェオンの柔らかいささやきは、テンションを引き上げ、変化を重ねる2人の関係を期待させる。
  • スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-06-11 16:42:08