キム・ナムギルの新ドラマが決定 実話を元にしたスリラーでプロファイラー役


  • GILSTORYENT

俳優キム・ナムギルの『悪の心を読む者たち』主人公ソン・ハヨン役のキャスティングが確定した。

SBSの新しいドラマ『悪の心を読む者たち』は悪の頂点に立った連続殺人犯の心を読むために孤軍奮闘するプロファイラーの話を描く犯罪スリラーだ。韓国第1号プロファイラーのクォン・イルヨンとコ・ナム作家が実話をもとに2018年に執筆した同名の小説を原作とする。

キム・ナムギルは、誰よりも人間を深く覗き見て事件を暴くプロファイラーのソン・ハヨン役を引き受ける。冷徹なカリスマはもちろん重厚感のある演技を披露し、緊張感に満ちた連続殺人追跡ドラマをリードする予定だ。

ドラマ『熱血司祭』、『医心伝心~脈あり!恋あり?~』、『善徳女王』、映画『パンドラ』、『無頼漢 渇いた罪』、『パイレーツ』など、数多くの作品でジャンルの境界を超える演技を見せているだけに、ソン・ハヨンのキャラクターと完璧な相乗効果を発揮するであろうキム・ナムギルに注目が集まっている。

SBSの新しいドラマ『悪の心を読む者たち』はキャスティングが完了し次第、撮影を開始する予定だ。キム・ナムギルは『悪の心を読む者たち』の撮影を終えた後、既存に確定している作品もすぐに撮影を開始して活動を続ける計画だ。

また、キム・ナムギルは今年、映画『保護者』、『緊急宣言』の公開を控えており、4月に映画『夜行』の撮影を終えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-06-15 14:28:45