キム・ヒエ&ムン・ソリ、「クイーンメイカー」の出演を前向けに検討中


  • 写真:スタートゥデイDB

女優のキム・ヒエとムン・ソリがドラマ『クイーンメーカー』への出演オファーを受けて検討中だ。

29日、あるメディアはキム・ヒエが新ドラマ『クイーンメーカー』(ムン・ジヨン脚本、オ・ジンソク演出)の主人公としてカムバックすると報じた。

キム・ヒエが所属するYGエンターテインメントはこれについて「検討中の作品の一つ」と明らかにした。

ムン・ソリの所属事務所のC-JESエンターテインメント側は「ムン・ソリが『クイーンメーカー』の出演オファーを受け検討している」と公式の立場を明らかにした。

『クイーンメーカー』は正反対の人生を生きてきた2人の女性が、正義と真実が生きている世の中を作るためにこれまでの方式をすべて捨てたまま手を取り合い崖の上に身を投げ出す女性たちの姿を描くドラマだ。

『クイーンメーカー』は『君を守る恋~Who Are You~』、『君にスパーク!』などを書いたムン・ジヨン作家と『初恋は初めてなので』、『欠点ある恋人たち』などを演出したオ・ジンソク監督がタッグを組んだ作品だ。

劇中でキム・ヒエはPIコンサルティングの最高実力者であり、イメージメイキングの大家でもあるタイトルロールクイーンメーカーのファン・ドヒ役を提案されたという。

ムン・ソリは人権弁護士であり人気YouTuberで、ファン・ドヒに助けられ、ソウル市長に挑戦するオ・スンスク役を提案された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-06-29 13:37:47