ソ・ジソブ「ドクター・ロイヤー」出演確定 来年上半期に放送予定


  • MBC

ソ・ジソプがMBCが医学と法廷を行き来するメディカルサスペンス法廷ドラマ『ドクター・ロイヤー』への出演を確定した。

2022年上半期の編成が予定されている。

ドラマ『ドクター・ロイヤー』は計略された手術によりすべてを奪われて医療訴訟専門の弁護士となった天才外科医と、その手術により一人だけの家族と恋人の両方を失った医療犯罪担当部検事が会って、富と権力により生命の順位も決められると信じている人間を処罰して、被害者を慰める胸の温まる痛快メディカルサスペンス法廷ドラマだ。

ソ・ジソブはかつて天才外科医だったが、今では医療訴訟専門弁護士になった主人公ハン・イハン役でドラマに出演する。

ハン・イハンは大韓民国最高の医科大学を首席で卒業し、一般外科と胸部外科2つの専門資格を保有しているダブルボード(double-board)天才外科医だ。

優れた実力はもちろん、持って生まれた愉快さと人間的な魅力まで兼ね備えたエース医師だったが、成功したと考えていた手術で患者が死に、これにより医師の資格さえ剥奪される。以後、ハン・イハンは医療訴訟専門弁護士に変身した後、自分に起きた4年前の謎の事件の真実を探していく。

ソ・ジソプのドラマ復帰は2018年に放送されたMBC『私の後ろにテリウス』以来4年ぶり。『ドクター・ロイヤー』を通じて医師出身の弁護士という独特のキャリアと複雑な内面を持つキャラクター「ハン・イハン」をソ・ジソブだけの魅力で完成させる予定だ。

『ドクター・ロイヤー』のシナリオは、ドラマ『潜入弁護人 ~Class of Lies~』を執筆したチャン・ホンチョル作家が引き受けた。

ここにドラマ『ヘチ 王座への道』『アチアラの秘密』『イルジメ〜一枝梅』などを通じて視聴者に愛されたイ・ヨンソク監督が演出を引き受けて、さらに期待を高めている。

ドラマ『ドクター・ロイヤー』はソ・ジソブのキャスティング確定を皮切りに、近いうちに主演俳優のキャスティングを終えて、2022年上半期の放送を目標に本格製作に突入する。
  • スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-07-05 08:42:09