「Mine」オク・ジャヨン、首を絞められる演技中に顔の毛細血管が破裂


  • KBS 2TV

女優のオク・ジャヨンが演技中に毛細血管が破裂したエピソードを公開した。

13日に放送されるKBS2のバラエティ番組『屋根上部屋の問題児』にはドラマ『オーケー、グァン姉妹』と『Mine』で活躍したハ・ジェスクとオク・ジャヨンが出演する。

この日、オク・ジャヨンは『悪霊狩猟団: カウンターズ』と『Mine』で見せてくれた悪役のイメージとはギャップのある姿で注目を集めた。オク・ジャヨンは「人生初の単独バラエティ出演」とし、「ワクワクして足までふらついてしまった」と告白した。続いて「バラエティ番組への出演オファーは来ていたが、恐怖症があってすべて断っていた。屋根上部屋の雰囲気が好きで出演を決心した」と出演の理由を明らかにした。

オク・ジャヨンは最近、最終回を迎えたtvNドラマ『Mine』の撮影ビハインドストーリーを公開した。オク・ジャヨンは相手役のイ・ヒョヌクに首を絞められるシーンで「キャラクターの感情が最も強く感じられたシーン」とし「イ・ヒョヌクが首が痛くないようにモーションだけで上手に演技してくれたのに、キャラクターにあまりにも没頭して演技したあまり、顔全体の毛細血管が破裂してしまった」と告白した。

オク・ジャヨンは映画『密偵』のソン・ガンホの妻役でデビューした。オク・ジャヨンは「ソン・ガンホと対話を交わしたが、発声が良くて床が鳴いた」と伝え驚きを誘った。

また、映画『白頭山大噴火』で共演したイ・ビョンホン、ハ・ジョンウについては「イ・ビョンホンは空気を落ち着かせる気運を持っていて、ハ・ジョンウは撮影直前まで冗談を言いながらもシュートが入った瞬間に変わるスタイルだ」と俳優たちの特徴を細かく紹介した。

ソウル大学出身としても話題になったオク・ジャヨンは「最初は法学部を目指して勉強していたが、ソウル大学の美学科に進学することになった」としながら「同じ科の先輩のうち最近もっとも有名な方はパン・シヒョクだ」と防弾少年団の育ての親、パン・シヒョクに言及した。
  • イ・ジヨン スタートゥデイ インターン記者
  • 入力 2021-07-12 10:40:36