トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > イ・ソジン&ラ・ミラン、TVINGコメディドラマ「内科パク院長」に出演決定

イ・ソジン&ラ・ミラン、TVINGコメディドラマ「内科パク院長」に出演決定


  • イ・ソジン&ラ・ミラン、TVINGコメディドラマ「内科パク院長」に出演決定
  • HOOK ENTERTAINMENT、C-JeS Entertainment

TVINGオリジナル『内科パク院長』がイ・ソジンとラ・ミランのキャスティングを決定し斬新なお笑いコンビの誕生を知らせた。

2021年下半期に公開されるTVINGオリジナル『内科パク院長』(演出&脚本:ソ・ジュンボム、提供:TVING、制作:Sidus・XL Pictures)は、全く賢くない開業医の面白い医師生活を描いた現実密着型コメディだ。真の医師を夢見たが今日もハエが飛び交う診療室で医術と商売の間で悩むパク院長の生存記が愉快な笑いと共感を与える。

同名の原作ウェブ漫画『内科パク院長』(文絵:チャン・ボンス)は、「Daumウェブトゥーンリーグ」のアクセス数1位と「NAVERウェブトゥーンベスト挑戦」のアクセス数が400万以上を記録するなど正式な連載要請が殺到している作品である。医院と薬局が一か所に集まっている韓国型医療ビルを背景に小商工人と医者たちの心配事の絶えない日常を描いたという点が差別化されたポイントだ。18年目の現職開業医が直接描いただけに、ディテールでリアルな話が共感できる笑いを誘う。ドラマ制作とともにNAVERウェブ漫画の正式連載のニュースも伝えられファンの期待が高まっている。

さらに広告界の有名なヒットメーカー、ソ・ジュンボム監督が脚本と演出を担当し完成度の責任を負う。新しいフォーマットにふさわしい多様な演出を通じてユニークな笑いを披露するものとみられる。トレンディで感覚的なウィットとして誕生する現実密着型リアルコメディが待ち遠しい。

何よりもイ・ソジンとラ・ミランの興味深い組み合わせが期待を膨らませている。まず生涯初のコメディ演技に挑戦するイ・ソジンの変身に注目が集まっている。イ・ソジンは、お金持ちの名医が夢の新人内科開業医パク院長の役を演じる。オープンすれば華やかな花道が開かれると思っていたが、現実はコーヒーミックスを飲むのも悩む「いばらの道」が待っていた。ビジネス用の笑顔がけいれんしサービス精神が発揮されればされるほど抜け毛との戦いに苦しむ平凡な家長だ。「暴落」直前の内科を立て直すため、パク院長の孤軍奮闘する姿が愉快に描かれる。パク院長のけちくさい日常を演じるイ・ソジンは、大胆なビジュアル変身からコメディ演技まで、これまで見たことのない歴代級の活躍を予告する。

また説明の要らない「コメディ演技の達人」のラ・ミランが、ギャップの優しさが魅力の自称「内助の女王」サ・モリムに変身しイ・ソジンと呼吸を合わせる。医者の夫よりテレビショーのドクターと疑似科学をもっと盲信する人物だ。時には火のように見えるが、誰よりも思慮深いサ・モリムが披露する無謀で熱い内助は、もう一つの注目ポイントになる見通しだ。ラ・ミランは特有の天然な演技でコメディ演技の真髄を見せてくれる。特に斬新なお笑いコンビの誕生を予告したイ・ソジン、ラ・ミランのコメディシナジーに熱い期待が注がれる。

『内科パク院長』の制作陣は「コメディをきちんと着て変身したイ・ソジンと生活密着型コメディ演技で定評のあるラ・ミランの出会いは、それ自体で最高の注目ポイントだ。楽しく笑っているうちに、いつの間にか胸が熱くなる共感ストーリーが一味違った面白さを与えてくれるはず」とし「2人の俳優のコメディシナジーを期待してほしい」と伝えた。

TVINGオリジナルの『内科パク院長』は、2021年下半期にTVINGで単独公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-08-13 11:34:35