ハン・ヒョジュ&パク・ヒョンシク主演ドラマ「ハピネス」スタッフがコロナ感染


  • BHエンターテイメント、United Artists Agency、Yoobornカンパニー

『ハピネス』で新型コロナウイルスの感染者が発生して撮影が中断されたが、最近撮影を再開した。

tvNの新しいドラマ『ハピネス』の関係者は23日、毎日経済スタートゥデイに「チームでの診断でスタッフの一人が無症状感染の判定を受けた」とし「撮影を中断して俳優とスタッフがコロナ検査を行い、全員が陰性の判定を受けた」と明らかにした。

続いて「濃厚接触者に分類されたスタッフは隔離中で、現在は撮影を再開した」と付け加えた。

『ハピネス(Happiness)』(演出アン・ギルホ、脚本ハン・サンウン、企画・制作スタジオドラゴン)は近未来を背景に階層社会の縮小版と言えるマンションに隔離された人物たちの生存を描いた都市スリラーだ。『青春の記録』『WATCHER』『アルハンブラ宮殿の思い出』『秘密の森』のアン・ギルホ監督と『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』『グッドワイフ 彼女の決断』のハン・サンウン作家が意気投合した。ハン・ヒョジュ、パク・ヒョンシク、チョ・ウジンなどが出演する。

『ハピネス』は5月に最初の撮影を開始した。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-08-23 14:27:29