【インタビュー】「結婚作詞 離婚作曲」イ・テゴン「シーズン2の破格の結末に俳優たちも驚いた」


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • JIDAMメディア

俳優イ・テゴンが「パク・ジュミと70分間2人で会話するシーンを再び撮影しろと言われたら、できない気がする」と舌を巻いた。

TV CHOSUNのドラマ『結婚作詞 離婚作曲』シーズン2で優しくスイートな夫の仮面を脱いで利己的な不倫夫「シン・ユシン」役をリアルに演技したイ・テゴンは最近行われたインタビューで「制作発表会で私が15%の視聴率を予想したが、さらに高い視聴率を記録して嬉しい」と感想を伝えた。

ペンネーム「Phoebe」として6年ぶりに復帰したイム・ソンハン作家のドラマ。イ・テゴンはイム・ソンハン作家の代表俳優らしく40代の男性主人公を引き受けながら関心と期待を集めた。『神様、お願い』『宝石ビビンバ』に続き3作目の出演だ。

イ・テゴンは相次ぐキャスティングについて「おそらく他の俳優よりも作家の作品にたくさん出演しており、作家の意図をよく把握できると思われているようだ」とし「特別な理由はよく分からない」と話した。

『結婚作詞 離婚作曲』シーズン2は彼にとって特別なドラマだった。初めての悪役をプレゼントしてくれた作品だった。シーズン2で不倫の事実が発覚した後、波乱のストーリーを導いた彼は完璧な夫としての素敵な姿から、不倫する夫の利己的な姿まで、振幅の広い演技をリアルに消化して好評を集めた。

イ・テゴンは「これまで演じた人物とは全く異なるキャラクターだったので、おもしろく演じた」とし「「シン・ユシン」は忘れられなさそうだ」と振り返った。

また「シン・ユシンについてたくさん分析し、ある程度うまく伝えられたようで満足している。難しい感情シーンが多く、時間も足りなかったが、上手く乗り越えられた」と満足感を表わした。

  • JIDAMメディア

何よりも劇中、相手役のパク・ジュミと70分間にわたり2人だけで会話するシーンが破格であり話題だった。一本の長い演劇舞台を見ているような錯覚を呼び起こした。放送後に話題になった「私の体を私の思い通りにしただけ」というセリフもここで登場する。彼はこの場面のために「3週間続けて聴いて覚えた」という。

「撮影は4回にわたって行われたが、1回に30~40ページ程度を切らずに一度に撮影した。不足している部分だけ分けて撮ったが、とても大変だった。雰囲気はどうしても緊張感がたくさん漂っていた。それでも2回目からはみんな余裕ができて、よく撮れた記憶がある。パク・ジュミさんも本当に多くの準備をしてきた。それでも再び撮れと言われたら、できないと思う(笑)」

シン・ユシンは劇中、つねに女性から好かれるキャラクターだった。キム・ドンミ(キム・ポヨン)、サ・ピヨン(パク・チュミ)、アミ(ソン・ジイン)3人の女性から愛された。

彼はシン・ユシンについて「幼い時のトラウマが深刻な人物」と説明した。

「母親の愛情の欠乏が最も大きく、母親と兄の死を忘れられない。だから愛情の欠乏を女性の愛で満たそうとしたのだと思う。だから、すべての女性に親切で、その人が私を好きになるようにさせる。そのような過程で「シン・ユシン」を見ると理解できる面もあった。私は演技する必要があるため(シン・ユシンを)より理解しようとした」

『結婚作詞 離婚作曲』シリーズ2には3人の不倫男が登場した。イ・テゴンが演じたシン・ユシンと共に30代のパン・サヒョン(ソンフン)、50代のパク・ヘリュン(チョン・ノミン)は妻を裏切って不貞行為を犯した。視聴者の間では「誰がもっと悪い奴なのか」という討論がなされ、俳優たちの間でも意見が分かれた。

イ・テゴンはこのような質問に「すべて悪い夫だ。私が考えるに、全員が良くない」と言いながらも「妻に遠慮もなくだました私が一番悪い」と笑った。

  • JIDAMメディア

イ・テゴンはソンフンやチョン・ノミンとは異なり、不倫に堂々とした態度を見せた。イ・テゴンはこの部分を差別化要素として挙げた。「シン・ユシンが堂々としていなかったら3人は同じになる」とし、「間違った行動だが、それなりの正当性を持って私の主張を繰り広げた」と説明した。

非難は当然予想していた。「テレビ放送では見ることができず、Netflixでドラマを見た」という彼は「今回のドラマを通じて海外のファンがたくさんできた。SNSにブラジル、スペインのファンも入って来た」と変化を伝えた。それとともに「シーズン1ではいい人だったのにどうして浮気をしたのかと非難する反応があった。悪口を言われる覚悟はしていた」と明らかにした。

『結婚作詞 離婚作曲』シーズン2は最終的なエンディングで不倫カップルがハッピーエンドを迎えず注目を集めた。シン・ユシンの元妻「サ・ピヨン」(パク・ジュミ)は財閥2世「ソ・ドンマ」と結婚式を挙げる衝撃的なエンディングを披露した。

また、祖父シン・ギリム(ノ・ジュヒョン)の怨霊に憑依されたジアがおならをしながらシン・ユシンにゴルフに行こうと話しかけたり、キム・ドンミに恐ろしい表情を浮かべて「キム・ドンミ!お前!お前のせいで私は!」と怒鳴って恐怖に包まれるセンセーショナルな結末だった。

イ・テゴンは「驚いた」と率直な気持ちを伝えた。「エンディングについて知らなかった。終わるときに話だけ聞いたが、私もそうだし他の俳優たちも驚いて当惑する雰囲気があった」と説明した。

シーズン3が制作されるとしたらシン・ユシンはどんな姿だろうか。

「まだ何も聞いていないのでよく分からないが、もしすることになったら(サ・ピヨンと)離婚したため罰は受けたと考えて…ドンミ(キム・ボヨン)の方の悪行ストーリーが始まるのではないか」
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-03 10:41:01