2PM、10年ぶりにメンバー全員で「ミュージックステーション」出演 新曲披露


  • JYPエンターテイメント

グループ2PMが日本を代表する音楽番組『ミュージックステーション』に10年ぶりに完全体で出演した。

2PMは10日、『ミュージックステーション』に出演して9日に先行公開された日本の新しいミニアルバム『WITH ME AGAIN』のタイトル曲「僕とまた」の舞台を初披露した。

6人のメンバーはスーツ姿で大人の魅力が引き立つ新曲パフォーマンスを披露した。長いブランクを感じさせない全盛期のビジュアルに、ジャケットを脱いで投げる魅力的なパフォーマンス、幻想的なライブの実力で視聴者たちを引き付けた。

2PMは流暢な日本語で挨拶して「10年前よりさらに余裕のある成長した姿をお見せしたい。10年ぶりに『ミュージックステーション』に出演できて楽しかった」と感想を明らかにした。2PM出演直後には『ミュージックステーション』がリアルタイムトレンドで1位になって高い人気を実感させた。

2PMは来る29日、日本での新しいミニアルバム『WITH ME AGAIN』を発表して待ちに待ったカムバックを迎える。2016年10月、約10万人の観客を動員した日本の東京ドームコンサートで再び戻ってくると約束した2PMは約5年ぶりにファンたちとの再会を果たす。今回のアルバムにはタイトル曲「僕とまた」をはじめ、7thフルアルバム『MUST』のタイトル曲「Must It」の日本語バージョン、「By My Side」、「URAHARA」などが収録される。

ここに「僕とまた」、「Must It」日本語版のリミックス音源と再ブレークした「My House」の日本語アコースティックバージョンまでが収録され、現地のファンを喜ばせる見通しだ。

タイトル曲「僕とまた」はイントロの口笛と力強いサウンドが特徴で「My House」ブームの創始者であるメンバーJUN.Kが作詞・作曲に参加し、これまで2PMが見せたことのない新しい雰囲気の曲を誕生させた。9日0時、ミュージックビデオと音源が先行公開された中で、日本のiTunesK-POPランキングとポップランキング1位をはじめ、ラインミュージックK-POP TOP 100デイリーランキング、レコチョークシングルデイリーランキング、dミュージックシングルデイリーランキングなど主要な音楽ランキングで1位になって変わらない人気を証明した。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-13 10:01:32