Click-B出身ユ・ホソク、23日に第一女児が誕生「母子ともに健康」


  • Blissエンターテインメント

グループClick-B出身のユ・ホソク(EVAN)が、第一女児の誕生を報告した。

所属事務所のBlissエンターテインメントが25日に発表したところによると歌手のユ・ホソクは今月23日の午後4時32分、元気な娘を抱きしめた。予定日より3日遅れて自然分娩で子どもを出産したが母子ともに健康な状態だ。

長女の胎名はランで胎夢の中の虎から取った胎名だ。

ユ・ホソクは1999年8月、グループClick-Bのリードボーカルとしてデビューした。その後、2002年にClick-Bを脱退、ソロ歌手のEVANとして活動し「男も…どうにもできない」、「春だったみたい」、「信号灯」など代表曲を残しソロアーティストとしての地位を固めた。

2019年に7歳年下の妻と結婚し多くの人々に祝われた。

また、ユ・ホソクは昨年7月にアルバム『シャイン』を発売し音楽活動を続けてきた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-09-25 16:24:13