ギヨーム・パトリー、手持ちのビットコインが60倍に 5年前に買ったキッカケとは?


  • KBS

カナダ出身の1世代プロゲーマー、ギョーム・パトリシア(39)が手持ちのビットコインが大きく値上がりしたと明かした。

27日に韓国で放送されたKBSのラジオ番組『パク・ミョンスのラジオショー』にはギョーム・パトリシアがゲストとして出演した。この日、パク・ミョンスは「莫大な富を手に入れた」とギヨーム・パトリシアを紹介した。

ギョーム・パトリシアは「4〜5年前にビットコインを買った。その当時の価格が700ドル(約8万円)だった。今は韓国のお金で5000万ウォン(500万円)ほどになるようだ」としながら「初めて買ったときの60~70倍」と明らかにした。

ビットコインはこの日午後1時20分基準、韓国の仮想通過取引所ビットサムで5332万ウォンで取引されている。

彼は「(最初は)何か分からずにあまり買わなかった。数カ月後に勉強をして900ドル(約10万円)のときに買った」とし「売れば50倍以上だ。まだ売らずに持っている」とした。

ギョーム・パトリシアは「なぜ買ったのか」という質問に「私の友人たちがポーカーをする。ポーカーを海外でプレイする時、飛行機に乗ると1万ドル以上を持っていくことができない。ポーカー代として友人たちはビットコインを使用する。使ってみると、とても便利で良いものだと知ることができる。友人が推薦してくれて始めた」と答えた。

ギョーム・パトリシアはeスポーツとして「スタークラフト」が韓国で大人気だった当時、イム・ヨファン、ホン・ジンホなどと一緒にプロゲーマーとして活動し、良い成績を残した。以後、JTBC『アブノーマル会談』を通じて気の利いたトークを披露し、多数の番組でタレントとして活躍した。昨年、一般人の恋人と結婚した。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-27 13:39:40