2PMジュノが布越しにイ・セヨンを見つめる「袖先赤いクットン」2次ティーザーポスター公開


  • MBC

『袖先赤いクットン』の2枚目のティーザーポスターが公開された。ジュノとイ・セヨンのツーショットで、「正祖(チョンジョ)イ・サン」と「宜嬪 成氏」の切ない物語がそのまま感じられる。

11月5日に初放送されるMBCの新しい金土ドラマ『袖先赤いクットン』は自分が選択した人生を守ろうとした宮女と愛より国が優先だった帝王の切ない宮中ロマンスの記録だ。カン・ミガン作家の同名の人気小説を原作とし、2021年下半期の時代劇ブームをリードする作品として注目されている。

このうち、ジュノは頑固で傲慢な完璧主義者の王世孫「イ・サン」役を、イ・セヨンは無数にいる王の女のうちの一人ではなく自分の人生を主体的に選択しようとする宮女「ソン・ドクイム」役を引き受けた。後日「正祖」と「宜嬪 成氏」となる2人は激しく緊迫した政治が行き交う宮中で、切なく波乱万丈な恋愛を繰り広げる予定だ。

このうち、5日午前に『袖先赤いクットン』側が公開した2次ティーザーポスターには、それぞれ別の空間にいるジュノとイ・セヨンのツーショットが含まれている。特に、書庫の中にいるイ・セヨンと外にいるジュノの間を一枚の布が遮っており、その姿がまるで王世孫と宮女の身分的な距離を表しているかのようで、見る人の胸を切なくさせる。さらに「王は宮女を愛した。宮女は王を愛しただろうか」というコピーが2人のすれ違う視線と合わさって余韻を感じさせる。

しかし、このようなすれ違いの中でも2人はお互いを意識している。薄い一重の布越しにイ・セヨンを見つめるジュノの眼差しとその視線を意識して避けようとしているようなイ・セヨンの姿が妙なテンションを呼び起こす。このように、静的な雰囲気の中でも揺れる感情を表すジュノとイ・セヨンの姿が胸を揺さぶるとともに、2人が描き出す「王世孫イ・サン」と「宮女ソン・ドクイム」の熱くも胸の締め付けられる愛の物語に期待が高まる。
  • キム・ナヨン MKスポーツ記者
  • 入力 2021-10-05 08:33:09