「結婚作詞 離婚作曲」で憎まれ役を演じたイ・テゴン「覚悟はしていた」


  • スタートゥデイDB

『ラジオスター』に俳優イ・テゴンが出演した。

6日に韓国で放送されたMBCのトーク番組『ラジオスター』には俳優のイ・テゴンがゲストで出演してドラマ『結婚作詞 離婚作曲』のエピソードを公開した。

この日、司会者のキム・グクチンは「『結婚作詞 離婚作曲』で視聴者たちの頭に血を上らせた。最近、人気を実感しているか」と尋ねた。

イ・テゴンは「非難される覚悟をしていた。一部では「キャラクターは憎くてもイ・テゴンはいい」と言ってくれる。そんな声を聞くと気分が良い」とし「どうせ演じるならもっと悪口を言われたい、と台本より強めにした部分もある」と明らかにした。

これにキム・グクチンは「声からして不倫男だ」と冗談を言った。

一方、イ・テゴンはドラマ『神様、お願い』や『宝石ビビンバ』などに出演して人気を得た。最近では『結婚作詞 離婚作曲』シリーズに出演して不倫発覚後に開き直る夫役に挑戦、話題を集めた。

  • MBC

  • パク・ジョンス スタートゥデイ 客員記者
  • 入力 2021-10-06 23:08:21