CNBLUEのジョン・ヨンファ&イ・ジョンシン&カン・ミンヒョク、番組で新曲を公開


  • スタートゥデイDB

CNBLUEのジョン・ヨンファ、イ・ジョンシン、カン・ミンヒョクが親友同士でカムバックした。

16日に放送されたMBCバラエティ番組『全知的おせっかい視点』では新曲に復帰したCNBLUEの活躍ぶりが描かれた。

同日、「CNBLUEの一日」が放送された。ジョン・ヨンファはハワイへの愛情を示した。「軍隊に入る前の7年間、1週間も休めなかった」とし「仕事でハワイに初めて行ったが、癒される感じだった」と理由を明らかにした。

イ・ジョンシンはペットのシンバとともに一日を始めた。マネージャーのソン・ジョンジンさんは「精神的にはインドア派のようだ」とし「最近はシンバとばかり過ごしている」と証言した。イ・ジョンシンは「働く時以外、いつもシンバと一緒にいる」と認めた。

ジョン・ヨンファとカン・ミンヒョクはマネージャーと一緒にイ・ジョンシンの誕生日パーティーを準備した。イ・ジョンシンは、メンバーたちのために食事をもてなした。ジョン・ヨンファは「ジョンシンのコチュジャンすいとんが好きで、達人と呼ぶ」と話した。

CNBLUEのメンバーたちは新曲「Love Cut」を公開した。続いてジョン・ヨンファ、イ・ジョンシン、カン・ミンヒョクはCNBLUEのヒット曲を合奏した。イ・ジョンシンは「合奏しながらコンサートが恋しかった」と打ち明けた。

CNBLUEのメンバーたちはミュージックビデオの撮影を始めた。結果を見たジョン・ヨンファは「誰かが見たらCSIだと思う」と満足感を示した。撮影を終えたメンバーたちは友愛に満ちたコンビネーションを披露して和やかな雰囲気を醸し出した。

一方、ユク・ジュンソは水中グラビアを撮影した。ユク・ジュンソは水中で横になるなど余裕のある姿を見せた。これに対し撮影陣は「さすがUDT(海軍)らしい、撮影時間は20分もかからなかった」と褒め称えた。

撮影を終えたユク・ジュンソは詩人のユン・ジョンファンに会った。パク・ヒョンジェは「文壇で将来が嘱望される新進作家で、ユク・ジュンソ作家がユン・ジョンファンとの協業を準備している」と明らかにした。ユク・ジュンソはユン・ジョンファンの意図を聞くやいなやスケッチを始めた。

ユク・ジュンソの弟、ユク・ジュンヒがユク・ジュンソの作業室を訪れた。ユク・ジュンソは「新しい形態の何かを作る作業過程と言える」と明らかにした。これに対しユク・ジュンヒは「理解できない」と反論した。

ユク・ジュンヒは「除隊して4か月が経った、SSU(特殊部隊)で服務した」と話した。ユク・ジュンソは「私がUDTに行くと、(弟が)UDTは嫌いだと言った」とし「弟が水泳が上手でSSUに行った」と説明した。

ユク・ジュンソは「血の汗を流してみよう」と登山を提案した。ユク・ジュンソとユク・ジュンヒは競争意識を隠せなかった。

ユク・ジュンソは上り坂を全力疾走した。マネージャーのパク・ヒョンジェさんは「まるで戦時状況だった」と証言した。ユク・ジュンソは軍隊生活の話をしながら山登りを終えた。

  • MBC

  • 毎日経済 スタートゥデイ ソク・フンチョル客員記者
  • 入力 2021-10-17 00:46:58