ハン・ヒョジュとパク・ヒョンシクの高校生姿が公開「ハピネス」制服スチールカット


  • TVING

『ハピネス』でハン・ヒョジュ、パク・ヒョンシクが作り出す都市スリラーに熱い期待が集まっている。

11月に韓国で初放送されるTVINGオリジナル『ハピネス(Happiness)』(演出アン・ギルホ、脚本ハン・サンウン、企画・制作スタジオドラゴン)側は19日、ユン・セボム(ハン・ヒョジュ)とチョン・イヒョン(パク・ヒョンシク)の特別な関係性が引き立つスチールカットを公開した。13年来の友情が始まった非凡な高校生の頃の姿が好奇心をさらに刺激する。

『ハピネス』は近未来を背景に、階層社会の縮小版であるマンションに隔離された人物たちの生存を描いたニューノーマル都市スリラーだ。

様々な人間群像が集まって暮らす大都市のマンションが新型感染症により封鎖され、広がる亀裂や恐怖、生存のための死闘と心理戦が緻密に描かれる。

この日公開された写真には、ユン・セボムとチョン・イヒョンの高校時代の姿がおさめられている。屋上の壁の上に威風堂々と立っているユン・セボムと、これ無心に見つめるチョン・イヒョンの表情が興味深い。手錠をしたユン・セボムと並んで立って正面を見つめるチョン・イヒョンの相反する姿も好奇心を刺激する。これは2人の友人が劇的な変化を迎えた瞬間を捉えたもので、この日の事件をきっかけにユン・セボムとチョン・イヒョンは格別な関係になる。

ユン・セボムは昔も今も度胸のある性格らしく警察特攻隊のエースとして、野球の有望株だったチョン・イヒョンは刑事の道に進んでいる。予期せぬ出来事により一緒に住むことになったユン・セボムのチョン・イヒョン。そこで2人は思わぬ危機に陥る。すべての日常を完全に変えた危機とは何なのか、2人が極限の状況で生き残ることができるのか、運命に注目が集まる。

ハン・ヒョジュは「パク・ヒョンシクは善良でみんなをリラックスさせてくれる俳優だ。時には旧友のように感じられて撮影しながらとても頼りになった。劇中、セボムとイヒョンの関係も延長線上にあるので、期待してほしい」と相乗効果への期待を高めた。パク・ヒョンシクもハン・ヒョジュについて「とても気配りがきいて暖かい。情が多い人だということを感じた」とし「セボムとイヒョンには他人とは異なる絆のようなものがあると考えているが、良いケミストリーを期待してもよさそうだ」と伝えた。

一方、『ハピネス』は『青春の記録』『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』『アルハンブラ宮殿の思い出』『秘密の森』など、ジャンルを問わず繊細な演出の力を見せてくれたアン・ギルホ監督と『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』『グッドワイフ 彼女の決断』を執筆したハン・サンウン作家が意気投合した。心理スリラージャンルを一次元引き上げた『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』以来、再びタッグを組んだ2人が新しい次元のスリラードラマを誕生させると期待を集めている。

11月5日(金)夜10時40分、TVINGとtvNで公開される。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-19 10:37:00