トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > チョン・ドヨン、「人間失格」の撮影終了サプライズパーティーに涙

チョン・ドヨン、「人間失格」の撮影終了サプライズパーティーに涙


  • チョン・ドヨン、「人間失格」の撮影終了サプライズパーティーに涙
  • マネジメントSOOP YouTubeキャプチャ

女優のチョン・ドヨンがドラマ『人間失格』の撮影終了に涙を見せながら残念な気持ちを表した。

チョン・ドヨンの所属事務所マネジメントSOOPは25日、公式YouTubeチャンネルを通じ、「ドヨンの『人間失格』最後の出勤日」というタイトルの映像を掲載した。映像には今月24日に放送を終えたJTBCの土日ドラマ『人間失格』の最後の撮影現場にいるチョン・ドヨンの姿が映っている。

この日、最後の撮影を終えたチョン・ドヨンはスタッフから花束を渡され「今度会ったらもっと頑張るよ」と言いながら、こらえてた涙を流した。さらに、所属事務所のスタッフたちが、車の内部を風船や花で飾りサプライズパーティーを準備し、これを目にしたチョン・ドヨンは再び感動した。

チョン・ドヨンは「いつも終わってから後悔するようだ。終わる時間が来なさそうなのでいつも「1日1日耐えるのが大変だ」と思いながら撮影したが、「過ぎてしまうと愚痴だった」と思う」と感想を話した。

チョン・ドヨンはまた「これからも良い姿を見せたい」という言葉で挨拶をし残念な気持ちを隠さなかった。

『人間失格』は結局、何にもならないまま道に迷った女のプジョン(チョン・ドヨン)と、結局何にもならないような自分自身が怖くなった男のカンジェ(リュ・ジュンヨル)の話を描いた16話のドラマで放送を終えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ジス インターン記者
  • 入力 2021-10-25 16:15:28